管弘志 + 重田美月 「Uが進行した」亀戸アートセンター

管弘志 + 重田美月 「Uが進行した」亀戸アートセンター

名称:管弘志 + 重田美月 「Uが進行した」亀戸アートセンター
会場:2023年8月5日(土)~2023年8月27日(日)
会場:亀戸アートセンター
開館時間:16:00 〜 22:00
   土曜日・日曜日は13:00〜19:00
休館日:木曜日
   8月10日〜17日は休廊
入場料:無料
住所:〒136-0071 東京都江東区亀戸9-17-8 KKビル101
TEL:090-5433-0883
URL:亀戸アートセンター

亀戸アートセンターは、オパールタイムスとの共同企画、管弘志と重田美月合作展「Uが進行した」を開催いたします。
管弘志は、ボールペンやアクリル絵具の他、さまざまな画材や道具を駆使しデジタルのようなアナログのような不思議で曖昧な異空間を描く大阪在住の作家です。
重田美月は、未熟なものや未完成なものをその存在自体で美しいものとして肯定し、繊細に描く東京在住の作家です。
2022年夏「管さんと重田さんの合作が見たい」という2つのギャラリーの声に応じてくださりスタートしたこの企画。制作スタイルが全く異なる2人の大阪東京間の往復書簡のやり取りで描かれた多くのドローイング作品は、5月に大阪のオパールタイムスにて発表し、同時に合作作品を掲載したZINEを出版しました。
本展示では、オパールタイムスで展示した合作作品と個々の作品、プラス新作数点で構成されます。どんな言葉でも形容し難い二人のワールド「Uが進行した」、ぜひご堪能ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る