「コレクション展2023-夏秋 特集:本のために―大家利夫の仕事」サントミューゼ 上田市立美術館

「コレクション展2023-夏秋 特集:本のために―大家利夫の仕事」サントミューゼ 上田市立美術館

名称:「コレクション展2023-夏秋 特集:本のために―大家利夫の仕事」サントミューゼ 上田市立美術館
会期:2023年9月16日(土)~2023年11月19日(日)
会場:上田市立美術館
展示室:2階企画展示室・ホワイエ
時間:9:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:火曜日 
  祝日の場合はその翌日
観覧料 一般 700円(600円)
  高校・大学生 300円(200円)
  中学生以下 無料
  ※コレクション展Ⅱ 新収蔵作品より 米津福祐 −讃・雷電−及び山本鼎コレクションも観覧できます
  ※( )内は20名以上の団体
  ※障害者手帳携帯者は半額、その介助者1名は無料
住所:〒386-0025長野県上田市天神3-15-15
TEL:0268-27-2300
URL:サントミューゼ 上田市立美術館

《リキシャ》ラジ・クマール・ダス(絵)、ガッファール工房(車体製作)1994年[バングラデシュ](撮影:藤本健八)
《リキシャ》ラジ・クマール・ダス(絵)、ガッファール工房(車体製作)1994年[バングラデシュ](撮影:藤本健八)

福岡アジア美術館の収蔵作品から、約14の国と地域の近現代美術を横断的に紹介する展覧会です。
近代絵画や、「周縁の芸術」とも言えるポスターや輸出用絵画などの作品群、アートとしても注目されているバングラデシュのリキシャなどを垣根を設けずに紹介することで、美術の概念や価値観などに対する新鮮な体験をお届けすると共にアジア美術の多様さ、奥深さを提示します。
また、ベトナムの近代絵画の代表で絹絵の創始者、グエン・ファン・チャン。タイのスコータイ仏像からの影響を感じさせる優美でリズミカルな彫刻を生み出したキエン・イムスィリ。伝統的な中国絵画の美学を写真に落とし込んだ究極の中国的ピクトリアリズム(絵画の画題・様式・構図を模した芸術写真)を誕生させたロン・ジンサン(郎静山)など、アジア各国で活躍した個性豊かな作家たちの作品も紹介します。

《音楽のリズム》キエン・イムスィリ 1949年[タイ](撮影:四宮佑次)
《音楽のリズム》キエン・イムスィリ 1949年[タイ](撮影:四宮佑次)
《貴婦人像》作者不詳 19世紀[中国]
《貴婦人像》作者不詳 19世紀[中国]
《読書する若い娘》ルオン・シュアン・ニー 1940年[ベトナム]
《読書する若い娘》ルオン・シュアン・ニー 1940年[ベトナム]
《母と子》ジャミニ・ロイ 制作年不詳[インド]
《母と子》ジャミニ・ロイ 制作年不詳[インド]

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る