「そのとき新聞は、記者は、情報は――関東大震災100年」ニュースパーク(日本新聞博物館)

「そのとき新聞は、記者は、情報は――関東大震災100年」ニュースパーク(日本新聞博物館)

名称:「そのとき新聞は、記者は、情報は――関東大震災100年」ニュースパーク(日本新聞博物館)
会期:2023年8月26日(土)~2023年12月24日(日)
会場:ニュースパーク 日本新聞博物館
開館時間:10:00 〜 17:00
休館日:月曜日
   月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
入場料:一般 400円、大学生 300円、高校生 200円、中学生以下 無料
住所:〒231-8311神奈川県横浜市中区日本大通り11 横浜情報文化センター
TEL:045-661-2040
URL:日本新聞博物館

「そのとき新聞は、記者は、情報は――関東大震災100年」ニュースパーク(日本新聞博物館)
「そのとき新聞は、記者は、情報は――関東大震災100年」ニュースパーク(日本新聞博物館)

8月26日(土)から12月24日(日)まで、企画展「そのとき新聞は、記者は、情報は――関東大震災100年」を開催します。
今年9月1日で関東大震災発生から100年を迎えるのを機に、新聞社の当時の状況、記者が被災地で見たもの・経験したこと、横浜・神奈川がどのように伝えられたのかを、当時の紙面や写真で振り返ります。そこには、どんな状況でも人々に情報を届けようとする新聞社と記者の「本能」とも言える姿があります。災害時に広がる流言・デマも紹介し、不確かな情報にどう対処するかを考える機会にもします。関東大震災前後の震災、新聞社の防災・減災の取り組みも取り上げます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る