細川護熙 「京洛の四季」ポーラ ミュージアム アネックス

細川護熙 四季山水図 「知音」 2013年 墨、顔彩、和紙、縁木神代欅

名称:細川護熙 「京洛の四季」ポーラ ミュージアム アネックス
会期:2023年9月15日(金)~2023年10月15日(日)
開館時間:11:00 〜 19:00
休館日:会期中無休
入場料:無料
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
住所:〒104-0061東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3F
TEL:03-5777-8600
URL:ポーラ ミュージアム アネックス

細川護熙 四季山水図 「秋氣」 2013年 墨、顔彩、和紙、縁木神代欅
細川護熙 四季山水図 「秋氣」 2013年 墨、顔彩、和紙、縁木神代欅

ポーラ ミュージアム アネックスでは、細川護熙の展覧会「京洛の四季」を2023年9月15日(金)から10月15日(日)まで開催します。
細川護熙は60歳を機に政界を引退した後、作陶や書画、油絵などの創作活動を開始しました。近年は奈良・薬師寺慈恩殿「東と西の融合」障壁画や京都・龍安寺「雲龍図」襖絵など、大型障壁画の制作に数多く携わっています。
本展では、2014年に京都・建仁寺塔頭正伝永源院へ奉納された「四季山水図襖絵」を展示します。「知音(ちいん)」「渓聲(けいせい)」「秋氣(しゅうき)」「聴雪(ちょうせつ)」から成る全24面の襖絵は、京の四季折々の遠景が主に墨をもって、ときに淡い色あいを添えて描かれています。
細川氏が襖絵をはじめた初期の作品で、外部での公開はおよそ10年ぶりとなります。本来は別々の間に据えられていますが、本展覧会では24面すべてを見渡して鑑賞できるのも見どころのひとつです。あわせて蓮や花と虫をモチーフに、ここ数年制作を続けている漆絵作品もご紹介します。

細川護熙 「荷花」2021年、333×333㎜ カンヴァス、漆、金、錫
細川護熙 「荷花」2021年、333×333㎜ カンヴァス、漆、金、錫
 細川護熙 「エビネとムカデ」2022年、330×330㎜ カンヴァスボード、漆、金、錫
細川護熙 「エビネとムカデ」2022年、330×330㎜ カンヴァスボード、漆、金、錫
細川護熙 四季山水図 「知音」 2013年 墨、顔彩、和紙、縁木神代欅
細川護熙 四季山水図 「知音」 2013年 墨、顔彩、和紙、縁木神代欅

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る