特別展「紙のおもちゃがいっぱい 北原コレクション」練馬区立石神井公園ふるさと文化館

特別展「紙のおもちゃがいっぱい 北原コレクション」練馬区立石神井公園ふるさと文化館

名称:特別展「紙のおもちゃがいっぱい 北原コレクション」練馬区立石神井公園ふるさと文化館
会期:2023年9月16日(土)~2023年11月5日(日)
会場:練馬区立石神井公園ふるさと文化館
時間:9:00~18:00
休館日:月曜日、9月19日(火)・10月10日(火)
   ※ただし、9月18日・10月9日(月・祝)は開館  
観覧料:一般 300円(200円)
   高校生・大学生 200円(100円)
   65~74歳の方150円、中学生以下と75歳以上の方は無料
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※身体障害者手帳・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は一般150円/高校生・大学生100円
   ※一般以外の方(無料、割引対象者)は年齢等の確認ができるものを要提示
会場:練馬区立石神井公園ふるさと文化館
住所:〒177-0041 東京都練馬区石神井町5-12-16
TEL:03-3996-4060
公式URL: 練馬区立石神井公園ふるさと文化館

特別展「紙のおもちゃがいっぱい 北原コレクション」練馬区立石神井公園ふるさと文化館
特別展「紙のおもちゃがいっぱい 北原コレクション」練馬区立石神井公園ふるさと文化館
「わたしのお家」1940年代 株式会社トーイズ蔵
「わたしのお家」1940年代 株式会社トーイズ蔵

百人一首、双六、メンコ、着せ替え人形、複雑なペーパークラフトなど、一口に紙のおもちゃといっても、いろいろなものがあります。
本展示では、ブリキのおもちゃ博物館館長・北原照久氏のコレクションを中心に、明治期から高度経済成長期にかけての子どもたちを魅了した、紙のおもちゃを紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る