「小村雪岱」清水三年坂美術館

「小村雪岱」清水三年坂美術館

名称:「小村雪岱」清水三年坂美術館
会期:2023年9月9日(土)~2023年12月3日(日)
 前期:9月9日(土)~10月22日(日)
  後期:10月25日(水)~12月3日(日)
会場:清水三年坂美術館
時間:10:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 火曜日 
   ※月・火曜日ともに祝日は開館
   展示替期間ほか、都合により臨時休館する場合があります
観覧料:一般 1,000円
   大・高・中学生 600円
   小学生 300円
   ※障害者手帳をお持ちの方と付き添い者1名は50%割引
住所:〒605-0862京都府京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水3-337-1
TEL:075-532-4270
URL:清水三年坂美術館

《雪の朝》木版多色刷
《雪の朝》木版多色刷

大正から昭和初期にかけて活躍した画家、小村雪岱(1887-1940)は、本の装幀、挿絵、舞台美術などの分野に新風を吹き込み、独自の美の世界を作り上げた人です。大胆な構図、美しい描線、気品ある色彩によって巧みに描き出された作品の数々は、現在においても色褪せず、見る人の心を捉えて離しません。写生や写実よりも心惹かれた情景や女性の面影を好んで描いた雪岱は、江戸の情緒漂う作品を数多く残し、描かれた女性たちのしなやかな姿体や凛とした面差しは、独特の女性美をたたえています。
清水三年坂美術館では、数少ないと言われる肉筆画を中心に、木版画、装幀本を収集してきました。中には、雪岱唯一の弟子、山本武夫氏より譲り受けたコレクションも含まれています。
この度の展示では、前期と後期に分けて肉筆の美人画、風景画、挿絵、舞台装置原画、装幀本をできるだけ多くご紹介すると共に、当館が所蔵する櫛、簪(かんざし)、帯留なども合わせて展覧します。雪岱が求めた美の面影と共に、同時代の女性たちを艶やかに装った装身具の数々をお楽しみください。

《秋草彫嵌櫛》田中一秋 ©木村羊一
《秋草彫嵌櫛》田中一秋 ©木村羊一
《赤とんぼ》絹本着色
《赤とんぼ》絹本着色

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る