「津守 愛香 展」ギャラリー恵風

「津守 愛香 展」ギャラリー恵風

名称:「津守 愛香 展」ギャラリー恵風
会期:2023年08月31日(木) 〜 2023年09月10日(日)
会場:ギャラリー恵風 2階展示室
時間:12:00~19:00(最終日は18:00まで)
休館日:月曜日
料金:無料
住所:〒606-8392 京都市左京区聖護院山王町21-3(東大路丸太町東入ル南側)
TEL: 075-771-1011
URL:ギャラリー恵風

津守愛香さんの陶芸展です。ギャラリー恵風では11年ぶりの個展となります。主に子供や動物をモチーフとしたオブジェを制作している津守さん。以前「リアルにつくるのではなく、頭の中にあるそのものに対する言葉や思い込みのイメージを膨らませ投影している」といっていた気持ちは今も変わらないようです。
鉄分の多い土を使って彩色された作品は、可愛さの中に怪しげで不思議な存在感があり、素朴な味わいが感じられます。
今回は、お子さんの絵とともに作品を展示されます。どうぞお楽しみに。
GALLERY恵風さんで個展をさせていただくのは2回目です。前回は2012年、DMは猫の頭で、今回も猫の頭です。
11年が経ち、振り返ると私の作中の登場人物は変化しながらもつながっています。
土という素材は容易に膨らませたり凹ませたりでき、形づくっていく中で変化していくイメージに柔軟に対応してくれます。
今回の展示ではこどもの絵を原作にして作った「こどもの絵のやきものシリーズ」と、ともにキラ目のこども、うさぎやねこの陶のフィギュアを展示します。
かわいく怪しげな世界をお楽しみください。(津守)
津守愛香
2002 京都市立芸術大学 卒業
2012 個展(ギャラリー恵風/京都)
   個展「物語のはしっこ展」(サボア・ヴィーブル/東京)[’13]
2013 個展(GALLERY 器館/京都)[’18、’20]
   特別企画展「あれもやきものこれもやきもの」(滋賀県立陶芸の森/滋賀)
2014 「三月のひとりごと展」(艸居/京都)
   個展(目黒陶芸館/三重)[’17、’21]
2016 「マイヤーx信楽大賞」(滋賀県立陶芸の森/滋賀)(マイヤーガーデン/アメリカ)
   「石山哲也x津守愛香 陶器男女」(Giant Year Gallery/香港)
2017 「Memory_Reflecting on Life」(京畿陶磁博物館/韓国)※京畿世界陶磁ビエンナーレ招待出品
   個展(現代陶芸 寛土里/東京)
2019 「美の予感2019-∞ directions-」(髙島屋〈東京・大阪・京都・名古屋 巡回〉)
   「信楽 土の賦 12人展」(柿傳ギャラリー/東京)[’21、’22]
2021 個展「-おどろかわいいやきもの世界-」(日本橋高島屋S.C.美術工芸サロン/東京)
2022 個展「キラキラのあのコ」(サボア・ヴィーブル/東京)
   「土に託されたきらめき-子どもたちxアーティスト-」(滋賀県立陶芸の森/滋賀)
2023 個展「ぎゃらくしー☆ハッピー」(QUIET GALLERY/香港)
受賞歴
2003「女流陶芸展新人賞」
2007「長三賞陶芸ビエンナーレ」《奨励賞》
2015「第6回菊池ビエンナーレ」《優秀賞》
2017「平成28年度平和堂財団芸術奨励賞」
   「第28回秀明文化基金賞」
   「第7回菊池ビエンナーレ」《優秀賞》
2018「第43回滋賀県文化奨励賞」

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る