國政サトシ 「Electronic Forest Water」PUBLICIS WALL GALLERY

國政サトシ 「Electronic Forest Water」PUBLICIS WALL GALLERY

名称:國政サトシ 「Electronic Forest Water」PUBLICIS WALL GALLERY
会期:2023年9月2日(土)~2023年10月13日(金)
   事前予約制
会場:PUBLICIS WALL GALLERY
開館時間:10:00 〜 17:30
休館日:土曜日、日曜日、祝日
入場料:無料
住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎3-1-1 JR東急目黒ビル12F
URL:PUBLICIS WALL GALLERY

PUBLICIS WALL GALLERY(PWG)は、beacon communications、MSL JAPAN、Saatchi & Saatchi TOKYOをはじめとするPUBLICIS GRUOPE JAPANの⽬⿊オフィスの受付に開設されたギャラリーです。ギャラリーでは、“1MONTH, 1ARTIST, 1EXHIBITION, 1WORKSHOP”をコンセプトに、1カ⽉に1⼈(もしくは1組)のアーティストによる展⽰と、同アーティストによる期間中に1度の関連ワークショップを開催しています。
9⽉2⽇(⽇)〜10⽉14⽇(⼟)まで開催する第14回⽬は、現代アーティスト・國政サトシによる作品を展⽰いたします。國政は京都精華⼤学、京都市⽴芸術⼤学院、ボズナン芸術⼤学と学び進める中で、染⾊やテキスタイルや編みなどを習得。その課程で確⽴された、國政独⾃の⼿法である「染め上げた結束バンドをバスケタリー技法で⽴体に組み上げる作品」を発表するアーティストです。「プラスチック」という現代的な素材に、「染め」「編み」といった⽇本伝統的な⼿法を施し、それぞれの⽣まれた時空をハイブリッドして構築されたその⽴体作品群は、⼯業製品が持つ質感や鮮やかな⾊彩と、伝統⼯芸品が持つ造形物としての美しさが調和し、独特な存在感を放ち、⽬の前に現れます。是⾮ご覧ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る