山口聡一郎 「デッサン」コミュニケーションギャラリーふげん社

山口聡一郎 「デッサン」コミュニケーションギャラリーふげん社

名称:山口聡一郎 「デッサン」コミュニケーションギャラリーふげん社
会期:2023年9月7日(木)~2023年10月1日(日)
会場:コミュニケーションギャラリーふげん社
開館時間:12:00 〜 19:00
   土曜日・日曜日は18:00まで
休館日:月曜日
   2023年9月7日(木) 18:00 から undefined まで
入場料:無料
住所:〒153-0064 東京都目黒区下目黒5-3-12
TEL:03-6264-3665
URL:コミュニケーションギャラリーふげん社

このたび2023年9月7日(木)から10月1日(日)まで、コミュニケーションギャラリーふげん社にて、山口聡一郎写真展「デッサン」を開催します。
山口聡一郎は、1959年佐賀県藤津郡太良町生まれ、岡山県岡山市在住の写真家です。1980年法政大学法学部を中退後、1980年東京写真専門学校に入学し、同校の講師でもあった故小森孝之氏が主催する「写塾下高井戸」に参加します。1985年にフリーランスとなり、1993年には、夜の新宿の風景を6×7判で捉えた第一写真集『都市回路』(矢立出版)を上梓。その後2002年に岡山県に移住し、12年間の空白期間を経て作品制作を再開した山口は、活動拠点である岡山県東部を中心に、車を運転しながらウィンドウ越しに地方の農村風景を撮影するシリーズを、写真集『FRONT WINDOW』(蒼穹舎、2013)や『Driving Rain』(Folder、2013)等にまとめています。
近年山口が熱心に取り組むのは、1200×900mmサイズのダンボールを支持体に、A4サイズに分割した写真を16枚貼り込め、塗装を施し制作する作品シリーズです。分割されたフレームが窓枠のような視覚効果となり、まるで被写体が窓越しにいるような臨場感があるのが特徴です。2023年に同シリーズの個展を奈義町現代美術館で開催しました。今回の展覧会では、本シリーズから、ヌードをモチーフにした新作を発表いたします。
ヌード撮影を始めたきっかけは、1999年春の深夜、突然思い立った作家が、自らの身体を撮影したことでした。その一連の作品は同年『アサヒカメラ7月号』のヌード特集に掲載されました。その後も性別問わず、機会あるごとに撮り続けていたヌードですが、それらを展覧会で発表するのは今回が初めてとなります。
山口は自身のライフワークであるヌード撮影を、画家モランディが壺や瓶を繰り返し描き続けたことになぞらえます。裸の所有者である個人に特別な興味を抱いているわけではなく、ヌードを撮影することで「まだ見ぬ世界に足を踏み入れようとする」行為であると言います。それは対象をとらえるために試行錯誤しながら描き続ける終わらないデッサンのようです。作家活動38年目の瑞々しい作品群を、ぜひご覧ください。
会期中には、写真家の土田ヒロミさんをゲストにお招きして、ギャラリートークを開催いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る