「第2回 FEI PURO ART AWARD 入選作品展」FEI ART MUSEUM YOKOHAMA

「第2回 FEI PURO ART AWARD 入選作品展」FEI ART MUSEUM YOKOHAMA

名称:「第2回 FEI PURO ART AWARD 入選作品展」FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
会期:2023年9月9日(土)~2023年9月24日(日)
開館時間:10:00 〜 19:00 最終日は17:00まで
休館日:月曜日
入場料:無料
会場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
住所:〒221-0835神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2横浜鶴屋町ビル1F
TEL:045-411-5031
URL:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA

このたびFEI ART MUSEUM YOKOHAMAにて、平面作品公募展「第2回FEI PURO ART AWARD」入選作品展を開催いたします。
*「PURO(ピューロ)」・・・スペイン語で「純粋な」の意味です。
10年にわたり「FEI PRINT AWARD」を開催、多くのご応募をいただく中で、版画技法に様々な表現技法を組み合わせた作品が増えていること、「FEI PRINT AWARD」が2021年で10回目の節目にあたることから、昨年より版画を含めた平面作品を対象とする新たな公募展をスタートしました。
2回目となる今回は220名・349点の応募の中から、61名・63点の入選作品を選抜。授賞式・レセプションの際には受賞作品も発表いたします。定着し始めてきたおかげで応募作品の幅が更に広がって、見応えのあるものになっております。
審査員に中村隆夫氏(美術評論家)・河内成幸。氏(版画家)・萩原朔美氏(映像作家)・一井義寬氏(株式会社生活の友社代表取締役社長・美術の窓編集長)・足立欣也氏(株式会社求龍堂代表取締役社長)、そして深作秀春氏(FEIグループ理事長・日本美術家連盟会員)を迎え、公平かつ厳正なる審査により選抜された入選/入賞作品を展示いたします。
平面作品の未来を拓く作品をぜひご高覧ください。
アーティスト
小野千鶴、八田亜美、雨あかり、江波戸陽子、江間江美、kasumiko、青島綾音、Anne Goesel、上原灯、〇九二 他

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る