「K.T. KOBEL 「Interludes」」Gallery&Souvenir LAID BUG

「K.T. KOBEL 「Interludes」」Gallery&Souvenir LAID BUG

名称:「K.T. KOBEL 「Interludes」」Gallery&Souvenir LAID BUG
会期:2023年9月9日(土)~2023年9月30日(土)
会場:Gallery&Souvenir LAID BUG
開館時間:13:00 〜 20:00
休館日:月曜日、火曜日
入場料:無料
住所:〒151-0071 東京都渋谷区本町6-21-4 本町スカイハウスB102
TEL:03-6721-1505
URL:Gallery&Souvenir LAID BUG

2023年9月9日より、LAID BUGにて、K.T.Kobelによるソロエキシビジョンを開催します。
ロンドン出身のアーティストK.T.Kobelは、現在オランダ・アムステルダムを拠点に活動しています。Kobelは、記憶のダークサイド、トラウマ的情景を主題に扱い、エアブラシを用いて、人間の複雑な心情を掘り下げる具象表現に取り組んできました。これまでに、LAのアンダーグラウンドアートシーンを体現するギャラリーHVW8 Galleryや、Ace Hotel Kyoto、ミラノのPLAN X Galleryなど、世界各地で展示を開催。昨年LAID BUGで行われた展示も、好評を博しました。
LAID BUGで2回目の開催となる本展では、「Interludes(間奏曲)」と名付けられた一連の作品群を展示します。Kobelが描く、謎めいた瞬間を切り取った映画的なスナップショットは、現実と妄想の境界を曖昧にし、鑑賞者を歪んだ記憶の領域へと誘う、いわば逆説的な記憶へのオマージュです。
これらの作品は、大きな物語の断片として、不可解ながらも調和し、共鳴しています。名もなき主人公たちの物語をみるとき、私たちは不確かな記憶を重ね、不思議と親しみやすさを覚えるでしょう。記憶という捉えどころのないものによって、観察者と被観察者は混ざり合い、「真実が記憶によって塗り替えられたとき、何が残るのか。」と問いかけてきます。
今回、本展のために描き下ろし新作を含む9点を展示・販売します。また、本展にあわせてつくられたzineも数量限定で販売予定。
広がり続けるKobelの作品世界をぜひお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る