「Atelier matic meets AKIU STONE 『発見』と『見立て』」文喫 六本木

「Atelier matic meets AKIU STONE 『発見』と『見立て』」文喫 六本木

名称:「Atelier matic meets AKIU STONE 『発見』と『見立て』」文喫 六本木
会期:2023年9月20日(水)~2023年10月18日(水)
開館時間:9:00 〜 20:00
入場料:無料
会場:文喫 六本木
住所:〒106-0032 東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F
TEL:03-6438-9120
URL:文喫 六本木

自然物と人工物の融合から生まれる独自の世界観を、オブジェや家具で表現している「Atelier matic」外山翔氏。これまで大理石やアクリルを主に用いてきた彼が新たに出会い、魅せられたのが、宮城県仙台市で産出される「秋保石(あきういし)」でした。
凝灰岩に分類される秋保石は、小石や木片、粘土質のものなど多様な素材が大小不規則に入り込んでおり、カットする断面によってさまざまな表情を現すのが大きな特徴です。
天然でありながら人工的な見え方もする秋保石の魅力を、どう引き出すか。
偶然に現れた表情の美しさを、どう生かすか。
本展では、採掘場へ何度も足を運び「発見」と「見立て」を繰り返したAtelier maticの試行錯誤の一つひとつと、そこから生まれたプロダクトの数々を、実験品も含めてじっくりご覧いただけます。
さらに、“本と出会うための本屋”ならではの試みとして、文喫のブックディレクターがAtelier maticの制作スタンスに触発されセレクトした書籍もあわせて展開します。
あらためて見つめたときの「石」というものの存在や、「発見」と「見立て」の反復による思考の広がりを感じられる内容となっており、来場者の感性を刺激します。なお会場では、Atelier matic制作による本展のプロダクションブックを無料で配布いたします。またご来場の方は、秋保石の表情の豊かさをじかに楽しみ、“秋保石のある空間”を個人の日常で体験していただけるよう、さまざまに切り出した石の端材をお持ち帰りいただけます。
また本展は、秋保石の採石業を応援することも目的としています。
ぬくもりとスタイリッシュさを併せ持ち、根強いファンの多い秋保石ですが、深刻な後継者不足に悩まされているといいます。
本展でAtelier maticの作品を通して秋保石の魅力を発信し、来場者の中にも新たな「発見」と「見立て」を生むことで、産業の活性化に貢献できればと考えています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る