下山直紀 「霧のむこうの一角獣」gallery UG Tennoz

下山直紀 「霧のむこうの一角獣」gallery UG Tennoz

名称:下山直紀 「霧のむこうの一角獣」gallery UG Tennoz
会期:2023年10月13日(金)~2023年10月28日(土)
会場:gallery UG Tennoz
開館時間:11:30 〜 18:30
休館日:日曜日、月曜日
入場料:無料
住所:〒140-0002 東京都品川区東品川1-32-8 TERRADA ART COMPLEX II 2F
TEL:03-6260-0886
URL:gallery UG Tennoz

下山直紀は1972年群馬県生まれ、2000年多摩美術大学大学院美術学部彫刻専攻修了。直近では、高崎市美術館にて特別展示「下山直紀 Atoma / Kenon 原子/ 空虚」が開催されるなど活躍しているアーティストです。
gallery UGの活動の要でもある2020年のグループ展「KIRINJI」、2021年、2023年には「WOOD SCULPTURE」展の一翼を担いました。
本展覧会は、gallery UG では初となる下山氏の個展となります。中世ヨーロッパ美術の最高傑作と称されるタピスリー《貴婦人と一角獣》の1枚から着想を得た3対の作品をメインに展示。そのうちの 1 点は、一貫して動物をモチーフに制作してきた下山氏にとって、初の人物像となります。さらに下山氏の制作の遍歴が窺える歴代の作品を展示します。新旧作が一堂に会す展覧会となっておりますので、是非ご高覧ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「茶の湯の美学―利休・織部・遠州の茶道具―」三井記念美術館
ページ上部へ戻る