「木下千春日本画展〜はじまりの夜、幻想の羽衣〜」佐藤美術館

「木下千春日本画展〜はじまりの夜、幻想の羽衣〜」佐藤美術館

名称:「木下千春日本画展〜はじまりの夜、幻想の羽衣〜」佐藤美術館
会期:2023年10月31日(火)~2023年12月17日(日)
会場:佐藤美術館
開館時間:10:00 〜 17:00 金曜日は19:00まで
休館日:月曜日
入場料:一般 700円、大学生・高校生 500円、中学生以下 無料
住所:〒160-0015東京都新宿区大京町31-10
TEL:03-3358-6021
URL:佐藤美術館

「木下千春日本画展〜はじまりの夜、幻想の羽衣〜」佐藤美術館
「木下千春日本画展〜はじまりの夜、幻想の羽衣〜」佐藤美術館

この度佐藤美術館では、下記のとおり「木下千春日本画展~はじまりの夜、幻想の羽衣~」を開催致します。
木下は1972年北海道生まれ千葉育ち。1995年武蔵野美術大学空間演出デザイン学部を卒業し一旦社会に出た後、東京藝術大学大学院(文化財保存学日本画専攻)において極めて専門的な日本画の技法を習得します。
その後、院展に軸足を置きながらもコンクールや個展、海外での発表等多岐にわたり尚且つ旺盛な活動は同世代の日本画家とは一線を画する存在と言えましょう。
本展第一室(3階)では、日本画の優れた筆法と絹本もしくは和紙のレイヤー構造を巧みに組み合わせた独自の技法表現により、水中生物が浮かんでは消え再び表出する、美しく幻想的な作品と今日に至るまでの作品を厳選し展示します。第二室(4階)は、狩野派の絵師たちが心血を注ぎ競い描き、桃山時代以降の大名たちにもてはやされた南蛮屏風を再編成し襖絵に仕立てた仕事です。東洋と西洋の出会い、異国と日本双方の絵画様式そして木下の現代的なセンスと解釈が渾然一体となった世界が広がります。そして最後の第三室(5階)では、「自然への畏敬」を視覚化します。それは日本画のみならず図案を施した透明フィルムシート、照明、音がクロスオーバーした空間芸術であり、木下の新たな表現提示です。
現在、過去、未来。
時空を超えた木下芸術の全貌に迫るとともに今後の更なる飛翔を皆様と共に占いたいと思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る