写真展「38億光年 宇宙の旅 ―驚異の美しさで迫る宇宙観測のフロンティア―」岡崎市美術博物館

写真展「38億光年 宇宙の旅 ―驚異の美しさで迫る宇宙観測のフロンティア―」岡崎市美術博物館

名称:写真展「38億光年 宇宙の旅 ―驚異の美しさで迫る宇宙観測のフロンティア―」岡崎市美術博物館
会期:2023年11月19日(日)〜2024年1月8日(月)
会場:岡崎市美術博物館
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金:一般[高校生以上]1000円(900円)、小中学生 500円(450円)
   *( )内は20名以上の団体料金  *未就学児は無料
   *岡崎市在住・在学の小中学生は無料(要証明書) 
   *各種障がい者手帳の交付を受けている方とその介助者1名は無料
   *展覧会限定フリーパス「Limi‐pass(リミパス)」は1,500円
休館日:月曜日(令和6年1月8日(月曜日・祝日)は開館)、令和5年12月28日(木曜日)~令和6年1月3日(水曜日)
住所:〒444-0002愛知県岡崎市高隆寺町峠1 岡崎中央総合公園内
TEL:0564-28-5000
URL:岡崎市美術博物館

太陽観測衛星SDOがとらえたプロミネンス
NASA's Goddard Space Flight Center/SDO
太陽観測衛星SDOがとらえたプロミネンス NASA’s Goddard Space Flight Center/SDO

NASA(アメリカ航空宇宙局)の画像を中心に、観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡等がとらえた美しく驚異的な天体写真を選りすぐってご紹介します。太陽系から、銀河系内の星雲や星団、そしてさらにその先にある無数の銀河や銀河団など、多様な天体の姿を大型の高品位銀塩写真プリントでご覧いただきます。また本展は、すばる望遠鏡、アルマ望遠鏡など国立天文台関連の大型望遠鏡による観測成果の一部を交えてご紹介する貴重な機会となります。
サイエンスでありながらアートのごとく見る者を魅了する画像の数々。宇宙の謎や神秘を紐解く人間の英知や科学技術発展の素晴らしさをご体感ください。

 木星南半球の嵐と雲
 NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS
木星南半球の嵐と雲 NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS
写真展「38億光年 宇宙の旅 ―驚異の美しさで迫る宇宙観測のフロンティア―」岡崎市美術博物館
写真展「38億光年 宇宙の旅 ―驚異の美しさで迫る宇宙観測のフロンティア―」岡崎市美術博物館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る