企画展「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界」根津美術館

企画展「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界」根津美術館

名称:企画展「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界」根津美術館
会期:2023年12月16日(土)~2024年1月28日(日)
会場:根津美術館 展示室1・2
休館日:毎週月曜日、12月25日から1月4日まで、年末年始休館
開館時間:午前10時~午後5時
入場料:オンライン日時指定予約
   一般1300円
   学生1000円
   *障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料
住所:〒107-0062東京都港区南青山6-5-1
TEL:03-3400-2536
URL:根津美術館

着付 紅地鱗向い鳥丸模様
1領
日本・桃山~江戸時代 17世紀
根津美術館蔵
着付 紅地鱗向い鳥丸模様 1領 日本・桃山~江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

多様な織と繡(刺繍)は、染織品の加飾技法の中でも古くから日本では格式高いものとして捉えられました。また時代がくだると、刺繡は染と組み合わせられて小袖を彩り、重厚な織は能装束に多用されました。 根津美術館のコレクションの礎を築いた初代根津嘉一郎(1860~1940)は、古美術品の豪快な蒐集で名を馳せましたが、その意欲は染織品にも向けられました。本展覧会では、嘉一郎の蒐集品を中心に、法隆寺や正倉院伝来の上代裂、袈裟や打敷などの仏教染織、唐織や縫箔といった能装束、そして江戸時代の小袖まで、幅広い時代の染織品の中から、織と刺繡の技が光る作品をご紹介いたします。 一年で最も大きな節目である年末年始、華やかかつ厳かな染織品の数々をお楽しみください。

唐織 金地枝垂桜花車模様
1領
日本・江戸時代 19世紀
根津美術館蔵
唐織 金地枝垂桜花車模様 1領 日本・江戸時代 19世紀 根津美術館蔵
上代裂 緑地草花文刺繡
1枚
日本・奈良時代 8世紀
根津美術館蔵
上代裂 緑地草花文刺繡 1枚 日本・奈良時代 8世紀 根津美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る