「art resonance vol.01 時代の解凍」芦屋市立美術博物館

「art resonance vol.01 時代の解凍」芦屋市立美術博物館

名称:「art resonance vol.01 時代の解凍」芦屋市立美術博物館
会期:2023年10月28日(土)~2024年2月4日(日)
会場:芦屋市立美術博物館
時間:10:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日、年末年始 12月28日~2024年1月4日
   ※ただし、2024年1月8日は開館、1月9日は休館
観覧料:一般 800円(640円)
   大高生 500円(400円)
   中学生以下 無料
   ※無料観覧日:2023年11月11日(土)、12日(日)[関西文化の日]
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方ならびにその介護の方は各当日料金の半額
   ※リピート割引:本展チケットの半券を提示の方は、団体割引料金で観覧できます(1枚につき一人1回限り、他の割引券との併用不可)
主催:芦屋市立美術博物館
後援:兵庫県、兵庫県教育委員会、NHK神戸放送局、公益財団法人 兵庫県芸術文化協会、神戸新聞社、Kiss FM KOBE
協力:太陽工業株式会社、株式会社淀川製鋼所、株式会社桝弥、株式会社八田、一般社団法人 山田正亮の会、ShugoArts
住所:〒659-0052兵庫県芦屋市伊勢町12-25
TEL:0797-38-5432
URL:芦屋市立美術博物館

「art resonance vol.01 時代の解凍」芦屋市立美術博物館
「art resonance vol.01 時代の解凍」芦屋市立美術博物館

本展では、関西を拠点に国内外で活動する、藤本由紀夫、髙橋耕平、野原万里絵、黒田大スケの4名が、芦屋市立美術博物館のコレクションから注目する作家を選び、その作家像と併せて作品を様々な方法で読み解いていきます。彼/彼女らが創作者としての視点をもって、山崎つる子たち 7名の思考や手業に近づきながら多様な方法でアプローチすることで、新たな作品解釈と共に、これまで表には出ていなかった個人史をも浮かび上がらせます。
藤本は、山崎つる子の《作品》(1964)を手掛かりに様々な角度から検証し、具体美術協会という枠を超えて山崎の世界の新しい発見を試みます。野原は、生涯にわたって約5,000点もの絵画を遺した山田正亮に注目しました。山田が残した作品や 50 冊以上に及ぶ制作ノートから、本質的な絵画への問いと「描く」という山田の思考を、画家の視点と制作という行為を通して導き、抽象絵画の新しい鑑賞方法を提示します。高橋は、人や作品、時代とのつながりを「対話」という形で拡張していった津高和一の活動から、現代における「対話」について考察し、津高が抽象絵画を描くに至る経緯や精神性などを検証していきます。黒田は、堀内正和、柳原義達、エミール=アントワーヌ・ブールデルの3名の彫刻家とあわせて、田中敦子に注目し、アーティスト本人や周囲の人々の言葉を通して、各作家像に迫ります。
本展は、現代の作家が新たな視点をもって芦屋市立美術博物館コレクション作品を調査・研究し、その研究成果としての展示空間=「思考を深める場」を立ち上げる方法によって、新たな展望を提示します。
◆ 出展作家
藤本由紀夫、山崎つる子、髙橋耕平、津高和一、野原万里絵、山田正亮、黒田大スケ、田中敦子、堀内正和、柳原義達、エミール=アントワーヌ・ブールデル

藤本由紀夫 《y-memo》 2023年 カラーシート、ブリキ、トタン 作家蔵
藤本由紀夫 《y-memo》 2023年 カラーシート、ブリキ、トタン 作家蔵
髙橋耕平 《未定》 2023年 インスタレーション(一部) 作家蔵
髙橋耕平 《未定》 2023年 インスタレーション(一部) 作家蔵
黒田大スケ 《4匹》 2023年 ドローイング 作家蔵
黒田大スケ 《4匹》 2023年 ドローイング 作家蔵
山崎つる子 《作品》 1964年 ビニール塗料、綿布、板 芦屋市立美術博物館蔵
©Estate of Tsuruko Yamazaki, courtesy of LADS GALLERY, Osaka
山崎つる子 《作品》 1964年 ビニール塗料、綿布、板 芦屋市立美術博物館蔵 ©Estate of Tsuruko Yamazaki, courtesy of LADS GALLERY, Osaka
津高和一 《声》 1956年 油彩、カンヴァス 芦屋市立美術博物館蔵
津高和一 《声》 1956年 油彩、カンヴァス 芦屋市立美術博物館蔵
田中敦子 《カレンダー》 1954年 インク、紙、鉛筆、コラージュ 芦屋市立美術博物館蔵
©Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association
田中敦子 《カレンダー》 1954年 インク、紙、鉛筆、コラージュ 芦屋市立美術博物館蔵 ©Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association
堀内正和 《作品−B−》 1954年 鉄 芦屋市立美術博物館蔵
堀内正和 《作品−B−》 1954年 鉄 芦屋市立美術博物館蔵
柳原義達 《黒人の女》 1956年 ブロンズ 芦屋市立美術博物館蔵
柳原義達 《黒人の女》 1956年 ブロンズ 芦屋市立美術博物館蔵
エミール=アントワーヌ・ブールデル 《デモステネスA》 1927年 テラコッタ  芦屋市立美術博物館蔵
エミール=アントワーヌ・ブールデル 《デモステネスA》 1927年 テラコッタ  芦屋市立美術博物館蔵
野原万里絵 《色彩への扉》 2023年 パステル、色鉛筆、紙 作家蔵
野原万里絵 《色彩への扉》 2023年 パステル、色鉛筆、紙 作家蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る