「藤田嗣治展 FOUJITA in Paris & Villiers-le-Bacle」笠間日動美術館

名称:「藤田嗣治展 FOUJITA in Paris & Villiers-le-Bacle」笠間日動美術館
会期:2023年9月30日(土)~2023年12月17日(日)
会場:笠間日動美術館 企画展示館
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日、10月10日(火)
   だだし、10月9日(月・祝)、11月13日(月)開館
料金:一般1,300円、65歳以上1,000円、大学・高校生900円、中学300円、小学生無料
   ※20名以上の団体は各200円割引
   ※障がい者手帳をお持ちの方と同伴者1名は各半額割引
主催:公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ/茨城県/茨城県教育委員会
   笠間市/笠間市教育委員会/茨城放送/茨城新聞社/朝日新聞水戸総局
   共同通信社水戸支局/産経新聞水戸支局/東京新聞水戸支局
   毎日新聞社水戸支局/読売新聞水戸支局
   東日本旅客鉄道株式会社水戸支社
協力:軽井沢安東美術館/聖徳大学・聖徳大学短期大学部/株式会社テレビ朝日
   栃木県立美術館/公益財団法人平野政吉美術財団/目黒区美術館
住所:〒309-1611茨城県笠間市笠間978-4
TEL:0296-72-2160
URL:笠間日動美術館

藤田嗣治「眠る若い女」  1951年 個人蔵
 (c) Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2023 G3290
藤田嗣治「眠る若い女」  1951年 個人蔵  (c) Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2023 G3290

藤田嗣治の没後55年を迎える2023年は、彼がはじめて渡仏してから110年目の節目の年でもあります。
本展では、生涯を通して描いた作品の中から代表的なモチーフを取り上げます。画業の大半を占める「女性像」、猫をはじめとする「動物」、愛らしい独特の風貌をした「子供」などを、時代を追って展示します。
また、茨城県と友好関係を結ぶエソンヌ県(フランス共和国)に関連画像を提供いただき、藤田の終の棲家としたヴィリエ=ル=バクルのアトリエや同県の様子についても紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る