「名画への誘い 心なごむ日本画の世界」足立美術館

「名画への誘い 心なごむ日本画の世界」足立美術館

名称:「名画への誘い 心なごむ日本画の世界」足立美術館
会期:2023年12月1日(金)~2024年2月29日(木)
会場:足立美術館
時間:9:00~17:00
休館日:年中無休 
   ※2024年2月7日は新館のみ展示替えのため休館
観覧料:大人 2,300円
    大学生 1,800円
    高校生 1,000円
    小・中学生 500円
    ※20名以上、100名以上の団体料金あり
    ※本料金で本展の他、日本庭園や魯山人館、新館で開催中の展覧会など、すべて観覧できます
    ※公立学校が休業日となる土曜日は、小中高生の入館料を無料(要学生証提示)
住所:〒692-0064島根県安来市古川町320
TEL:0854-28-7111
URL:足立美術館

竹内栖鳳「爐邊」昭和10年
竹内栖鳳「爐邊」昭和10年

繊細で柔らかな色彩、流れるような美しい線描、余白を活かした構図など、これらは日本画の特徴としてよく挙げられます。また、控えめでつつましい表現なども、日本画を鑑賞していると感じることです。こうした特徴を持つ作品は、私たちの心の琴線に触れ、どこか優しい気分にさせてくれます。描かれるテーマを見ると、文学や仏教などを題材とした少し難解な作品がある一方、動物の愛らしい姿を描いたものや、思わず笑みがこぼれる人物画、風までも感じさせる静かな風景を描いた作品などもあります。当館の日本画コレクションも、こうした穏やかな作品が多く含まれています。
本展では、当館が所蔵する近代日本画の名品の中から、見る人の心を癒してくれるような作品を中心にご紹介します。名画を通して、心なごむひとときをお過ごしください。
■ 主な出品作品
竹内栖鳳「爐邊」「雨霽」 菱田春草「紫陽花」 川端龍子「愛染」
川合玉堂「雪降る日」 榊原紫峰「青梅」「梅花群雀」 北野恒富「鷺娘」
富岡鉄斎「群僊祝壽図」 伊東深水「ささやき」

榊原紫峰「青梅」大正7年(1918)
榊原紫峰「青梅」大正7年(1918)
菱田春草「紫陽花」明治35年(1902)
菱田春草「紫陽花」明治35年(1902)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る