「ジャパン・アヴァンギャルドポスター見本市 ~昭和の激動が生んだ熱狂アングラカルチャー~」Bunkamura Gallery 8

「盲人書簡 上海篇」演劇実験室◎天井棧敷/1974年 デザイン:花輪和一

名称:「ジャパン・アヴァンギャルドポスター見本市 ~昭和の激動が生んだ熱狂アングラカルチャー~」Bunkamura Gallery 8
会期:2024年1月13日(土)〜2024年1月28日(日)
会場:Bunkamura Gallery 8/
開館時間:11:00 〜 20:00
入場料:無料
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-21-1
TEL:03-3477-9174
URL:Bunkamura Gallery 8

1960年から70年代の日本が目覚ましい発展を遂げた高度経済成長期。経済、文化をはじめ、人々の価値観までもが大きく変化したことで、空洞化した社会に対する反抗が生まれました。芸術や文化でもまた、既成のものを破壊し新たなものを創造することに若者たちは熱狂。その中でも2023年に没後40年を迎えた寺山修司の「演劇実験室◎天井棧敷」、唐十郎の「劇団状況劇場」などのアングラ演劇、暗黒舞踏の土方巽などのアングラカルチャーが時代を席巻しました。
過激で実験的な演出により虚構性の高い芝居を次々と上演した「アングラ演劇」において、中でも重要な位置を占めたのは、そのポスターたちです。今や日本を代表するアーティストである宇野亞喜良・金子國義・横尾忠則らが手掛け、サイケデリックで猥雑なデザインの巨大ポスターは単なる広告媒体としてではなく演劇の演出としての一種の役割を担いました。街に飾られることでポスターさえも演劇の一部となしえてしまったのです。
本展では、アングラ演劇の公演ポスターを中心に、同時代のポスターや公演のチラシ、古書などを展示・販売いたします。保守的な世の中からの解放を求め、新たな表現の再構築を試みるアングラカルチャーは、今なお私たちの目に斬新に写り、この令和時代をも熱狂させます。当時街中に掲げられていた貴重なポスターが一同に集まる空間にぜひ足をお運びいただき、昭和の熱きエネルギーを肌で体感してください。

「盲人書簡 上海篇」演劇実験室◎天井棧敷/1974年 デザイン:花輪和一
「盲人書簡 上海篇」演劇実験室◎天井棧敷/1974年 デザイン:花輪和一

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「茶の湯の美学―利休・織部・遠州の茶道具―」三井記念美術館
ページ上部へ戻る