「畠山記念館名品展」大分県立美術館

「畠山記念館名品展」大分県立美術館

名称:「畠山記念館名品展」大分県立美術館
会期:2024年2月9日(金)~3月26日(火)
開館時間:10:00~19:00(入場は閉館の30分前まで)
   ※金・土曜日は20:00まで開館
休展日:3月4日(月)(仮)
会場:大分県立美術館 3階 展示室B
観覧料:一般 1,300(1,100)円
   高校・大学生 1,100(900)円
   ( )内は前売および有料入場20名以上の団体料金。中学生以下は無料。
住所:〒870-0036大分県大分市寿町2-1
TEL:097-533-4500
URL:大分県立美術館

「畠山記念館名品展」大分県立美術館
「畠山記念館名品展」大分県立美術館

東京港区・白金台にある畠山記念館は、実業家畠山一清のコレクションを公開する私立美術館です。創設者の畠山一清は、即翁と号して能楽と茶の湯を嗜み、美術品の蒐集に努めました。所蔵品は茶道具を中心とする古美術品で、国宝6件、重要文化財33件を含む約1300件に及びます。本展は九州の地で初めて、畠山記念館の所蔵品から茶の湯と琳派の名品を選りすぐり、一堂にご紹介します。

四季花木図屏風(右隻) 渡辺始興 江戸時代 重要美術品 畠山記念館蔵
四季花木図屏風(右隻) 渡辺始興 江戸時代 重要美術品 畠山記念館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る