「異彩の軌跡展 with ヘラルボニー」ITOCHU SDGs STUDIO

名称:「異彩の軌跡展 with ヘラルボニー」ITOCHU SDGs STUDIO
会期:2023年12月12日(火)〜2024年1月31日(水)
会場:ITOCHU SDGs STUDIO
開館時間:11:00 〜 18:00
休館日:月曜日
   月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
入場料:無料
住所:〒107-0061 東京都港区北青山2-3-1 Itochu Garden B1F
URL:ITOCHU SDGs STUDIO

「異彩の軌跡展 with ヘラルボニー」ITOCHU SDGs STUDIO
「異彩の軌跡展 with ヘラルボニー」ITOCHU SDGs STUDIO

「異彩の軌跡展 with ヘラルボニー」では、ヘラルボニーが契約する9名の異彩作家が作品を生み出すまでの軌跡を紹介します。落として描く、寝転がって描く、ひたすら反復するなど、彼らの独特の創作スタイルには、固定概念に囚われない作家の多彩な個性が映し出されています。本展示会では、作品そのものを鑑賞するだけでなく、創造性や多様性に溢れた「軌跡」を体験いただけます。ぜひ、「軌跡」の体験を通して、自由な可能性に満ちた「異彩」を感じてください。
また、本展示会オープン後の12月12日(火)、13日(水)の2日間、0.03〜0.7mmのペンを使い、緻密なアートを描く作家・笠原鉄平氏(在籍:PICFA)が会場にてライブペインティングを実施。来場者の方々とコミュニケーションを取りながらモチーフやキャラクターを壁や床一面に描いていきます。また、ライブペインティング後も最終日までに会場に訪れる方が作中のモチーフやキャラクターを自由に選び、好きな色を加えていくことで徐々に出来上がります。ぜひ、異彩作家の「軌跡」の瞬間に参加してみてください。
アーティスト
菊地真歩、藤田望人、中川ももこ、山根孝文、早川拓馬、岡部志士、岡元俊雄、笠原鉄平、小林覚

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「茶の湯の美学―利休・織部・遠州の茶道具―」三井記念美術館
ページ上部へ戻る