「見の目弱く、観の目強く≫「空」の声を聴く~いのち・創造の原点~」浜松市秋野不矩美術館

秋野不矩《女人群像》1988年 浜松市秋野不矩美術館 蔵

名称:「見の目弱く、観の目強く≫「空」の声を聴く~いのち・創造の原点~」浜松市秋野不矩美術館
会期:2024年1月4日(木)~2024年1月31日(水)
会場:浜松市秋野不矩美術館
時間:9:30~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 
   ※1月8日(月・祝)は開館、1月9日(火)は休館
観覧料:一般 (大学生・専門学校生を含む)310円
   (有料 20名以上240円/有料 80名以上180円)
   高校生 150円
   (有料 20名以上120円/有料 80名以上90円)
   中学生以下・70歳以上 無料  
   障害者手帳等所持者とその介護者1名 無料
   ※( )内は団体料金
住所:〒431-3314静岡県浜松市天竜区二俣町二俣130
TEL:053-922-0315
URL:浜松市秋野不矩美術館

新しい日本画とは何を目指したものだったのか。
世界に通用するための新たな日本画表現の確立に向け、秋野不矩が試行錯誤を繰り返した時代の作品を紹介します。

秋野不矩《女人群像》1988年 浜松市秋野不矩美術館 蔵
秋野不矩《女人群像》1988年 浜松市秋野不矩美術館 蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る