「芥川龍之介と美の世界 二人の先達—夏目漱石、菅 虎雄」神奈川県立近代美術館 葉山館

名称:「芥川龍之介と美の世界 二人の先達—夏目漱石、菅 虎雄」神奈川県立近代美術館 葉山館
会期:2024年2月10日(土)~2024年4月7日(日)
   1期 2月10日(土)~3月10日(日)
   2期 3月12日(火)~4月7日(日)
会場:神奈川県立近代美術館 葉山
展示室:展示室1、2、3a
時間:9:30~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 2月12日を除く
観覧料:一般 1,200円(1,100円)
   20歳未満・学生 1,050円(950円)
   65歳以上 600円
   高校生 100円
   ※( )内は20名以上の団体料金です
   ※中学生以下の方と障害者手帳等、ミライロIDを提示の方(および介助者原則1名 )は 無料です 。
   ※「 芥川龍之介と美の世界 二人の先達-夏目漱石、菅 虎雄」展の観覧券で、同日に限りコレクション展「木茂(もくも)先生と負翼童子」を観覧できます
   ※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:3月3日、4月7日)は、18歳未満の子ども連れの家族は割引料金(65歳以上の方を除く)で観覧できます。また同日は会話を楽しむ日「オープン・コミュニケーション・デー」となりますので、小さなお子様連れの方も遠慮なくご覧ください
住所:〒240-0111神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
TEL:046-875-2800
URL:神奈川県立近代美術館 葉山

小杉未醒《水郷》1911年 油彩・カンヴァス 東京国立近代美術館
小杉未醒《水郷》1911年 油彩・カンヴァス 東京国立近代美術館

「羅生門」「鼻」「蜘蛛の糸」をはじめとする数々の名作を世に送り出し、今もなお幅広い世代に愛される小説家・芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ 1892-1927)。芥川は作品や書簡等においてしばしば美術に言及し、その文学と美術への関心の高さは、彼が師と仰いだ夏目漱石(なつめそうせき 1867-1916)と共通しています。一方、菅虎雄(すがとらお 1864-1943)は、芥川の第一高等学校時代のドイツ語の教師であるとともに、漱石を禅に導いた人物でした。
本展では、芥川の遺稿である「或阿呆の一生」を導入に、芥川、漱石、菅の三人の交流関係に着目しながら、古今東西の芸術に関心を寄せ、自らの文学世界にもそれらを取り込んだ芥川龍之介とその眼を通した美の世界を紹介します。

中原悌二郎《若きカフカス人》1919年 ブロンズ 新潟大学
中原悌二郎《若きカフカス人》1919年 ブロンズ 新潟大学
オディロン・ルドン《若き日の仏陀》1905年 油彩・カンヴァス 京都国立近代美術館
オディロン・ルドン《若き日の仏陀》1905年 油彩・カンヴァス 京都国立近代美術館
菅 虎雄《我鬼窟》1919年 紙本墨書 山梨県立文学館 *2期
菅 虎雄《我鬼窟》1919年 紙本墨書 山梨県立文学館 *2期
菅 虎雄『羅生門』題字試し書き 1919年 紙本墨書 日本近代文学館
菅 虎雄『羅生門』題字試し書き 1919年 紙本墨書 日本近代文学館
芥川龍之介「或阿呆の一生 三十四 色彩」草稿 1927年 山梨県立文学館 *1期
芥川龍之介「或阿呆の一生 三十四 色彩」草稿 1927年 山梨県立文学館 *1期
芥川龍之介《水虎晩帰之図》 紙本墨画 日本近代文学館
芥川龍之介《水虎晩帰之図》 紙本墨画 日本近代文学館
フィンセント・ファン・ゴッホ《パイプをくわえた医師ガシェの肖像》1890年 当館蔵
フィンセント・ファン・ゴッホ《パイプをくわえた医師ガシェの肖像》1890年 当館蔵
夏目漱石《山上有山図》1912年 水彩・紙 岩波書店 *1期
夏目漱石《山上有山図》1912年 水彩・紙 岩波書店 *1期

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る