「生きるバランス ー画家 杉本羽衣展ー」高松市塩江美術館

「生きるバランス ー画家 杉本羽衣展ー」高松市塩江美術館

名称:「生きるバランス ー画家 杉本羽衣展ー」高松市塩江美術館
会期:2024年2月14日(水曜日)~2024年3月31日(日曜日)
会場:高松市塩江美術館 企画展示室
休館日:月曜日
開館時間:9時~17時(入室は16時30分まで)
主催:高松市塩江美術館

観覧料:
   【一 般】300円(団体240円) ※常設展観覧料含む
   【大学生】150円(団体 120円)
    ※高校生以下及び65歳以上の方、身体障がい者手帳等所持者は、無料
住所:〒761-1611香川県高松市塩江町安原上602
TEL:087-893-1800
URL:高松市塩江美術館

《う・つ・つ‐harmony》2023
《う・つ・つ‐harmony》2023

香川県生まれの画家 杉本羽衣は、両親が共に美術家であることから、幼いころより、自然と描くことに慣れ親しんできました。高校時代に始めた黒ペンによる絵日記はペンの線質を変化させることなく、安定したリズムで現在も描かれ続けています。
2011年に多摩美術大学大学院を修了した杉本は、その後2年間のドイツ留学を経て、本格的に画家の道を歩み始めます。非現実的でありながらもどこか愛らしい抽象的な作風は、彼女がこだわる線質によるもので、杉本の特徴をよく表しています。
2019年、2020年と杉本に大きな転機が訪れます。息子の誕生、そして、作家としても一人の人間としても女性としても尊敬していた母の突然の死。これからどう生きるべきかと杉本の模索の日々が続きます。
本展では、2022年に娘も生まれ子育てに奮闘する杉本が、作家として母として、そして一人の人間として、自分らしくあろうとしつつ制作した新作を含む約20点の作品を紹介します。

《う・つ・つ‐karakasa》2018

 
《う・つ・つ‐karakasa》2018  
《う・つ・つ‐tsuru》2018
《う・つ・つ‐tsuru》2018

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る