「文字を愛でる ―経典・文学・手紙から―」大和文華館

「文字を愛でる ―経典・文学・手紙から―」大和文華館

名称:「文字を愛でる ―経典・文学・手紙から―」大和文華館
会期:2024年2月23日(金・祝)~2024年4月7日(日)
会場:大和文華館
時間:10:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 
観覧料:一般 630円
    高校・大学生 420円
    小学・中学生 無料
    ※20名以上で団体割引あり
住所:〒631-0034奈良県奈良市学園南1-11-6
TEL:0742-45-0544
URL:大和文華館

「文字を愛でる ―経典・文学・手紙から―」大和文華館
「文字を愛でる ―経典・文学・手紙から―」大和文華館

中国で始まった書の文化は、字体や書風を多様に展開し、文字を芸術の域にまで昇華しました。中国・朝鮮半島・日本では、文字は情報を伝達するという役割を超えて、実用と芸術の両面を包括する芸術文化として発展します。
仏教経典は仏の教えを正確に伝えるために、一文字一文字を誤りなく書写するということが行われ、同じ経典が何度も繰り返し書写されました。さらに書かれた経文の文字は、その一文字一文字が「仏」としても認識されていきます。文学のなかでも特に詩歌の書は、歌に込められた感情が毛筆を通じて文字として表現されることで、文化を担った人々の美意識が直接的に反映されました。そして手紙は、書き手の地位や内容によって、歴史史料あるいは名筆として重視されていきます。
本展では、大和文華館が所蔵する、主に日本の経典・文学・手紙を通して、文字が担った役割を紐解きながら、美しい文字の世界を紹介します。

国宝
一字蓮台法華経(部分)
国宝 一字蓮台法華経(部分)
伊勢集断簡 石山切
伊勢集断簡 石山切
和漢朗詠集断簡(伊予切) 平安時代後期
和漢朗詠集断簡(伊予切) 平安時代後期
古田織部書状 桃山時代
古田織部書状 桃山時代
国宝 一字蓮台法華経 平安時代後期
国宝 一字蓮台法華経 平安時代後期

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る