熊谷晴子 「悠久の子」9s Gallery by TRiCERA

熊谷晴子 「悠久の子」9s Gallery by TRiCERA

名称:熊谷晴子 「悠久の子」9s Gallery by TRiCERA
会期:2024年2月22日(木)〜2024年2月29日(木)
会場:9s Gallery by TRiCERA
開館時間:12:00 〜 18:00
   初日は14:00から
   最終日は17:00まで
休館日:金曜日、日曜日
入場料:無料
住所:〒106-0031 東京都港区西麻布4-2-4 The Wall 3F
TEL:03-5422-8370
URL:9s Gallery by TRiCERA

“人は1秒1秒移りかわり続ける。それは誰にも止められない。たとえ命が途切れても、その存在は他人の中に残り続ける。全ての人・物は繋がり流れていく。”
川の水のように、絶えず形を変えて流転する「生命」を描く画家、熊谷晴子。
本展で展示される「あっくん」シリーズは、移り変わり続ける命の象徴である。
「あっくん」は、熊谷自身の子ども時代の記憶やトラウマが大人になってもまだ残っている、子どものままの部分、インナーチャイルド的な存在だという。
人は常に変わり続ける一方で、幼少期の経験や環境から受けた影響は脈々と内部に生き残っている。熊谷は、すべての命が織りなす「流転」の象徴としてインナーチャイルドを捉え、今回の新作を制作した。
そして、インナーチャイルドはすべての人の心に眠っている存在でもある。鑑賞者は、「あっくん」シリーズを通じて、「隠された自分」と出会うことになるだろう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る