開館50周年記念「コレクションのつくりかた/つたえかたー日本と西洋の近代美術ー」群馬県立近代美術館

開館50周年記念「コレクションのつくりかた/つたえかたー日本と西洋の近代美術ー」群馬県立近代美術館

名称:開館50周年記念「コレクションのつくりかた/つたえかたー日本と西洋の近代美術ー」群馬県立近代美術館
会期:2024年4月20日(土)~2024年6月23日(日)
会場:群馬県立近代美術館
展示室:展示室1
時間:9:30~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日、5月7日(火)
   ※ただし4月29日、5月6日は開館
観覧料:一般 600円(480円)
   大高生 300円(240円)
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
   ※コレクション展示(2階展示室)は改修工事のため観覧できません
住所:〒370-1293群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL: 027-346-5560
URL : 群馬県立近代美術館

開館50周年記念「コレクションのつくりかた/つたえかたー日本と西洋の近代美術ー」群馬県立近代美術館
開館50周年記念「コレクションのつくりかた/つたえかたー日本と西洋の近代美術ー」群馬県立近代美術館

群馬県立近代美術館は開館50年目を迎えます。長い年月をかけて作り上げられたコレクションは現在約2,100点を数え、国内外の近現代美術、日本と中国の古美術、日本画、染織工芸など幅広い分野にわたります。本展では、そのなかから日本の近代洋画と西洋近代美術のコレクションを取り上げ、代表的な作品約100点を紹介します。
最初期に収集を開始した湯浅一郎、福沢一郎、山口薫、鶴岡政男、オノサト・トシノブら、洋画壇にその名を刻む群馬の作家たちのコレクションは、現在も新たに作品や資料が収蔵され、作家像を刷新しています。1990年代から本格的な収集がはじまったヨーロッパ近代美術のコレクションは、ルノワールやモネなどの印象派、藤田、ローランサンらのエコール・ド・パリの画家たち、そしてキュビスムのピカソ、シャガールなど、巨匠たちの個性を伝えます。それぞれの制作や収集背景をひもとく解説とともに、作品との対話をお楽しみください。
また、美術館は収蔵作品の魅力を広く伝える役割を担っています。今回は、これまで制作してきた鑑賞サポートツールなど、コレクションのコミュニケーションについて、群馬県立近代美術館の活動の一端も紹介します。

佐伯祐三《パリ郊外風景》
1924年頃、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
佐伯祐三《パリ郊外風景》 1924年頃、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
湯浅一郎《パリのアトリエにて》
1909年、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
湯浅一郎《パリのアトリエにて》 1909年、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
湯浅一郎《徒然》
1904年、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
湯浅一郎《徒然》 1904年、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
エドヴァルト・ムンク《オースゴールストランの夏》
1889年頃、油彩・板、群馬県立近代美術館蔵
エドヴァルト・ムンク《オースゴールストランの夏》 1889年頃、油彩・板、群馬県立近代美術館蔵
ピエール= オーギュスト・ルノワール《読書するふたり》
1877年、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
ピエール= オーギュスト・ルノワール《読書するふたり》 1877年、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
ラウル・デュフィ《ポール・ヴィヤール博士の家族》 1927-33年頃、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
ラウル・デュフィ《ポール・ヴィヤール博士の家族》 1927-33年頃、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
マリー・ローランサン《ブルドッグを抱いた女》
1914年、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
マリー・ローランサン《ブルドッグを抱いた女》 1914年、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
岸田劉生《五月の砂道》
1918年、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
岸田劉生《五月の砂道》 1918年、油彩・カンヴァス、群馬県立近代美術館蔵
クロード・モネ《ジュフォス、夕方の印象》
1884年、油彩・カンヴァス(群馬県企業局寄託作品)
クロード・モネ《ジュフォス、夕方の印象》 1884年、油彩・カンヴァス(群馬県企業局寄託作品)
鑑賞サポートツール「赤のさわるコレクション」(20点組)より9点
(2013年、デザイン:齋藤名穂)撮影:齋藤名穂、群馬県立近代美術館蔵
鑑賞サポートツール「赤のさわるコレクション」(20点組)より9点 (2013年、デザイン:齋藤名穂)撮影:齋藤名穂、群馬県立近代美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「茶の湯の美学―利休・織部・遠州の茶道具―」三井記念美術館
ページ上部へ戻る