「イッタラ展フィンランドガラスのきらめき」高知県立美術館

「イッタラ展フィンランドガラスのきらめき」高知県立美術館

名称:「イッタラ展フィンランドガラスのきらめき」高知県立美術館
会期:2024年4月14日(日)~2024年6月16日(日)
会場:高知県立美術館
時間:9:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:会期中無休 
観覧料:一般前売 960円
   一般当日 1,200円(960円)
   大学生 850円(680円)
   高校生以下 無料
   ※前売券は4月13日〈土〉まで販売
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※年間観覧券所持者は無料
   ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳所持者は無料
住所:〒781-8123高知県高知市高須353-2
TEL:088-866-8000
URL:高知県立美術館

オイバ・トイッカ《バード バイ トイッカ》シリーズ ©Fiskars Group
オイバ・トイッカ《バード バイ トイッカ》シリーズ ©Fiskars Group

フィンランドを代表するライフスタイルブランド・イッタラ。1881年に設立された同ブランドは、アルヴァ・アアルトやカイ・フランクらフィンランド・デザインの発展を牽引した建築家やデザイナーとともに歩んできました。美しさと機能性をすべての人へ提供するという彼らの思想のもと送り出されてきたプロダクトは世界中で愛され続けています。
本展は、イッタラ創立140周年を記念し、フィンランド・デザイン・ミュージアムが2021年に開催した展覧会を再構成し、イッタラと日本の関係に焦点を当てた章を加えて開催します。イッタラの歩みを象徴するクラシックデザインからモダンデザインのガラスを中心に、陶器や磁器、映像やインスタレーションを交えた約450点の作品や資料を通して、その技術と哲学、デザインの美学に迫ります。
時代を超えて今なお輝き続けるイッタラの世界をお楽しみください。

アアルト ベースの制作風景 ©Fiskars Group
アアルト ベースの制作風景 ©Fiskars Group
《アメリコンスカ》プレスガラス、1913年 ©Design Museum Finland, Photo: Johnny Korkman
《アメリコンスカ》プレスガラス、1913年 ©Design Museum Finland, Photo: Johnny Korkman
イッタラのカラーガラスのサンプル、2020年 ©Design Museum Finland, Photo: Johnny Korkman
イッタラのカラーガラスのサンプル、2020年 ©Design Museum Finland, Photo: Johnny Korkman
ティモ・サルパネヴァ《マルセル》1993年 ©Design Museum Finland, Photo: Johnny Korkman
ティモ・サルパネヴァ《マルセル》1993年 ©Design Museum Finland, Photo: Johnny Korkman
ティモ・サルパネヴァ《i-ライン》シリーズ、1956年 ©Design Museum Finland, Photo: Rauno Träskelin
ティモ・サルパネヴァ《i-ライン》シリーズ、1956年 ©Design Museum Finland, Photo: Rauno Träskelin
アルヴァ・アアルト《アアルト ベース》1936-1937年 ©Design Museum Finland, Photo: Johnny Korkman
アルヴァ・アアルト《アアルト ベース》1936-1937年 ©Design Museum Finland, Photo: Johnny Korkman
Photo: Anton Sucksdorff
Photo: Anton Sucksdorff
Photo: Anton Sucksdorff
Photo: Anton Sucksdorff

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  2. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
  3. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
ページ上部へ戻る