「藤城清治 100歳 美しい地球 生きるよろこび 未来へ展」福岡市博物館

こびとのドレミファソラシド/2014年 ©Seiji Fujishiro Museum 2014

名称:「藤城清治 100歳 美しい地球 生きるよろこび 未来へ展」福岡市博物館
会期:2024年4月5日(金)~2024年6月5日(水)
会場:福岡市博物館
時間:9:30~17:30 (最終入場時間 17:00)
休館日:月曜日、4月30日(火)、5月7日(火)
   ※ただし4月29日(昭和の日)5月6日(振替休日)は開館
観覧料:一般 2,000円(1,800円)
   高大生 1,500円(1,300円)
   小中生 500円(300円)
   ※( )は前売り料金
   ※各種お手帳(身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳)をお持ちの方は、一般・高大生1,300円 小中生300円(いずれも介助者は1名まで無料)当日券売り場のみ販売
住所:〒814-0001福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011・FAX:092-845-5019
URL:福岡市博物館

©Seiji Fujishiro 2023
©Seiji Fujishiro 2023

日本における影絵作家の第一人者として知られる藤城清治。令和6(2024)年4月に100歳を迎える現在も精力的に影絵の制作を行い、今なお老若男女を問わず多くのファンを獲得しています。令和5(2023)年の年末に放映された紅白歌合戦では歌手・アーティストのMISIAとの共演で話題を呼びました。
福岡市博物館で10年ぶりに開催される本展は、藤城清治が100歳の記念となる展覧会です。会場となる福岡市博物館には藤城が自ら編みだした技術・技法でつくりあげた、華麗な影絵の代表作が勢揃いすると共に、福岡オリジナル作品も展示予定です。
光と影の競演で謳いあげるられるのは「美しい地球・生きる喜び・未来」のメッセージです。藤城清治の衰えることのない創作意欲と、未来の世界への賛歌をぜひ福岡の地から発信します。じて、アートと出会ったり、アートを身近に感じたりするきっかけとなれば幸いです。また、御参加いただいたワークショップの成果は、第7展示室にて展示予定です。

生きるよろこび2011/2011年
©Seiji Fujishiro Museum 2011
生きるよろこび2011/2011年 ©Seiji Fujishiro Museum 2011
幸せを祈るメロディ/2015年
©Seiji Fujishiro Museum 2015
幸せを祈るメロディ/2015年 ©Seiji Fujishiro Museum 2015
博多祇園山笠/2012年
©Seiji Fujishiro Museum 2012
博多祇園山笠/2012年 ©Seiji Fujishiro Museum 2012
きん色の窓/1980年
©Seiji FujishiroMuseum 1980
きん色の窓/1980年 ©Seiji FujishiroMuseum 1980
クリスマスの夢/2000年
©Seiji Fujishiro Museum 2000
クリスマスの夢/2000年 ©Seiji Fujishiro Museum 2000
花とこびと/1988年
©Seiji Fujishiro Museum 1988
花とこびと/1988年 ©Seiji Fujishiro Museum 1988
©Seiji Fujishiro Museum
©Seiji Fujishiro Museum
©Seiji Fujishiro Museum
©Seiji Fujishiro Museum
©Seiji Fujishiro Museum
©Seiji Fujishiro Museum
©Seiji Fujishiro Museum
©Seiji Fujishiro Museum
こびとのドレミファソラシド/2014年 ©Seiji Fujishiro Museum 2014
こびとのドレミファソラシド/2014年 ©Seiji Fujishiro Museum 2014

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る