「太田三郎:OTA Saburo 1994-2024」奈義町現代美術館

「太田三郎:OTA Saburo 1994-2024」奈義町現代美術館

名称:「太田三郎:OTA Saburo 1994-2024」奈義町現代美術館
会期:2024年04月13日~2024年06月16日
会場:奈義町現代美術館
開館時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、および祝日の翌日
観覧料:一般・大学生=200円
   *高校生以下、75歳以上無料
住所:〒708-1323 岡山県勝田郡奈義町豊沢441
TEL:0868-36-5811
URL:奈義町現代美術館

奈義町現代美術館では「開館30周年記念/森の芸術祭特別連携事業」の一環として、『太田三郎:OTA Saburo 1994-2024』を開催します。
太田三郎は、自作のオリジナル切手をモチーフにした作品制作し、空間全体を作品化するインスタレーションや一般参加型のワークショップや展覧会も多数手がけるなど精力的な活動を展開しており、その豊富なキャリアと実績から国内を代表する現代美術家の一人とされています。太田が一貫して創造していく独特でユニークな切手作品のモチーフは、雑草の種子や日常品等、氏のフィルターをとおすことで創出された世界観は、美に着目した視点として観る者に新鮮で、考えることの楽しさや、感受性の持つ生々しさ等の意味を改めて深く示唆してくれるものです。
本展は、太田が1994年から東京から県北・津山市に移住してから30年目を迎え、当美術館も30年の節目の年となることを記念して、当時から今年秋に開催する「森の芸術祭 晴れの国・岡山」参加までの流れの中で主なアートワークを辿っていく展覧会となります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る