「ひな人形―願いをこめた美のかたち―」鎌倉国宝館

「ひな人形―願いをこめた美のかたち―」鎌倉国宝館

名称:「ひな人形―願いをこめた美のかたち―」鎌倉国宝館
会期:2024年2月27日(火)〜2024年4月14日(日)
会場:鎌倉国宝館
開館時間:9:00 〜 16:30
休館日:月曜日
入場料:一般 500円、中学生・小学生 250円
住所:〒248-0005神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-1 鶴岡八幡宮
TEL:0467-22-0753
URL:鎌倉国宝館

女子の健やかな成長と幸せを願って行われる「ひな祭り」。その起源は平安時代までさかのぼるといわれ、江戸時代に入ってからは年中行事として定着し、様々な人形や調度品が作られました。鎌倉国宝館の雛人形コレクションは、その大部分が江戸時代の作品であることが特徴です。享保雛や内裏雛、立ち雛など多様な形式の雛人形を取りそろえています。
本展は、三月三日の桃の節句に合わせて、願いが込められた優美でかわいらしい雛人形を一堂に展示します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る