「岡本英樹 個展 フォーヴィスムと和の調和 Ⅲ」アートスペース余花庵

「岡本英樹 個展 フォーヴィスムと和の調和 Ⅲ」アートスペース余花庵

名称:「岡本英樹 個展 フォーヴィスムと和の調和 Ⅲ」アートスペース余花庵
会期:2024年4月9日(火) 〜 2024年4月14日(日)
会場:アートスペース余花庵
時間:10:30~20:00(最終日は18:30まで)
料金:無料
住所:〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475(京都市役所西側)
TEL:075-212-9793
URL:アートスペース余花庵

マティスやルオーなどに代表される「フォーヴィスム」と日本画など「和」を融合した独自の油彩作品を創作している、岡本英樹さんの個展です。「フォーヴィスムと和の調和」と題したシリーズの個展は、2017年の大阪梅田展を皮切りに、2021年の東京銀座展を経て本展の京都展で3度目を迎えます。今回は新作の「海辺の部屋に佇む女性」をはじめ、初期の「鷺の舞い」など約20点を展示予定です。
本展は、今後に向けた一区切りの集大成と位置づけております。皆さまにはとにかく楽しい気持ちでご鑑賞いただけましたら幸いです。(岡本)
岡本英樹
2017 個展「フォーヴィズムと和の調和」(芝田町画廊/大阪・梅田)
   パリ・ルーヴル美術館地下にて、 Societe Nationale des Beaux Arts (1) から《鷺の舞》を展示 2021 IFA2021(2)(大阪市立美術館地下)にて《森の中の女神達~紅葉の候~》が大阪市立美術館館長奨励賞受賞
   個展「フォーヴィズムと和の調和Ⅱ」(藤屋画廊/東京・銀座)
2023 IFA2023(兵庫県立美術館)にて、絵画部門審査委員長就任
*1 パリで150年続く伝統ある美術サロン。歴代会員にはマティス、藤田嗣治、横山大観などがいる。
*2 国や民族・思想を超え芸術を通した文化交流を柱とする、40年以上の歴史を持つ国際美術展。
作家Facebookページ:https://www.facebook.com/hideki.okamoto.353

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る