「旧岡田家住宅・酒蔵築350年記念 酒を醸す、酒をたしなむ」市立伊丹ミュージアム

「旧岡田家住宅・酒蔵築350年記念 酒を醸す、酒をたしなむ」市立伊丹ミュージアム

名称:「旧岡田家住宅・酒蔵築350年記念 酒を醸す、酒をたしなむ」市立伊丹ミュージアム
会期:2024年4月12日(金)〜2024年6月2日(日)
会場:市立伊丹ミュージアム
開館時間:10:00 〜 18:00
休館日:月曜日
   4月29日は開館
   4月30日は閉館
入場料:無料
住所:〒664-0895 兵庫県 伊丹市宮ノ前2-5-20
TEL:072-772-5959
URL:市立伊丹ミュージアム

「旧岡田家住宅・酒蔵築350年記念 酒を醸す、酒をたしなむ」市立伊丹ミュージアム
「旧岡田家住宅・酒蔵築350年記念 酒を醸す、酒をたしなむ」市立伊丹ミュージアム

江戸時代、多くの酒蔵が立ち並び、往来にはたくさんの人々が行きかいにぎわった伊丹の町。伊丹で造られた良質な酒は「伊丹諸白」「丹醸」などと特別な名前でもてはやされ、江戸で人気を博します。旧岡田家住宅・酒蔵は、そんな伊丹の町の中心に延宝2年(1674)に建てられ、昭和59年(1984)まで300年以上ものあいだ酒造りが行われていました。建築年代の明らかな酒蔵として最古で、江戸時代に栄えた伊丹の酒造りを今に伝える重要な遺構であるため、平成4年(1992)に国の重要有形文化財に指定されています。
2024年4月、旧岡田家住宅・酒蔵が建立されてから350年を迎えます。それを記念し、旧岡田家住宅・酒蔵について、また伊丹での酒造りについて紹介する企画展を開催いたします。

「高崎屋絵図」文京ふるさと歴史館蔵
「高崎屋絵図」文京ふるさと歴史館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る