「画業30周年 片岡鶴太郎 作品展―生涯素人―」阪急うめだ本店

「画業30周年 片岡鶴太郎 作品展―生涯素人―」阪急うめだ本店

名称:「画業30周年 片岡鶴太郎 作品展―生涯素人―」阪急うめだ本店
会期:2024年5月15日(水)〜 27日(月)
会場:9階 阪急うめだギャラリー
開館時間:10:00 〜 20:00
入場料:無料
住所:〒530-8350大阪府大阪市北区角田町8番7号
TEL: 06-6361-1381
URL:阪急うめだ本店

笑いの世界から一転、俳優への道を目指し研鑽の日々を送っていたある朝、一輪の椿の花との出会いから絵を描くことの楽しさに魅せられ、あっという間に30年が経ちました。絶えず向き合ってきたテーマは“いのち”の尊さと生きていることの証として放つ“心色”です。その色をしっかり捉え皆様に伝えることが出来たらと、初心を忘れず制作を続け今日に至っています。今展覧会では30年の足跡を辿る日本画や油彩をはじめとする絵画はもちろん、書や陶芸、漆芸など美の表現に挑戦してきた多分野の作品を含めた約150点の作品をご覧いただければと思っております。また、アートステージでは、原画をはじめ版画、画集、オリジナルアートグッズの展示即売も致します。こちらにもお立ち寄りください。
片岡鶴太郎
1954年、東京都西日暮里に生まれる。
1972年、高校卒業後、片岡鶴八氏に弟子入り。
1975年、声帯模写の芸人として独立し、バラエティー番組など多数出演。役者としても幅広いキャラクターを演じ、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など数多くの賞を受賞。
1995年、初の絵画展「とんぼのように」を東京で開催。
2014年、全国20ヵ所を巡回した個展「還暦紅」(’16)では34万人を動員。
以降、展覧会を全国各地で開催する一方、書籍や冊子の挿絵なども担当している。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る