「作陶三十周年 -青瓷- 津金日人夢 展」福岡三越

青瓷平壺『 水天彷彿 』径45×高28cm

名称:「作陶三十周年 -青瓷- 津金日人夢 展」福岡三越
会期:2024年4月17日(水) ~ 2024年4月22日(月) [最終日午後5時終了]
場所:4階 岩田屋三越美術画廊
住所:〒810-8544 福岡市中央区天神2-1-1
TEL:092-724-3111
URL: 福岡三越

ごあいさつ
この度、福岡三越にて二度目となる個展を開催させていただきます。
作陶三十周年迎えるにあたり、これまでは青瓷の奥深さを追求してまいりましたが、それに加えこれからは青瓷の幅広さを表現したいと思うようになりました。今回、「雨過天晴」の色を初めて出したと云われている北宋汝窯系の作品と、貫入が際立つ亀甲貫入系の作品に挑戦しました。
新しい仕事に挑む楽しさを感じながら、土や釉薬、窯焚きと向き合い、陶芸家としての本分を改めて考え直す有意義な時間でもありました。
皆さまに会場でお会い出来る時を楽しみにしております。
津金 日人夢 拝                              
時を超え、多くの人を魅了し続けている青瓷。津金日人夢さんも、その魅力に惹きつけられた一人です。作陶30周年を迎える今もなお、青瓷を追求し続け、一切の妥協を許さない作品。本展では、『雨過天晴』の色を初めて出したと云われている北宋汝窯の作品と貫入が際立つ亀甲貫入系の作品を展示いたします。

青瓷平壺『 水天彷彿 』径45×高28cm
青瓷平壺『 水天彷彿 』径45×高28cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る