公開制作89 手嶋遥「まだ見ぬ、小さな山について」府中市美術館

公開制作89 手嶋遥「まだ見ぬ、小さな山について」府中市美術館

名称:公開制作89 手嶋遥「まだ見ぬ、小さな山について」府中市美術館
会期:2024年4月20日(土)〜2024年7月7日(日)
会場:府中市美術館
開館時間:10:00 〜 17:00
休館日:月曜日
   4月29日、5月6日は開館
   5月7日から5月17日は休館
入場料:無料
住所:〒183-0001東京都府中市浅間町1-3 都立府中の森公園内
TEL:042-336-3371(ハローダイヤル)
URL:府中市美術館

公開制作89 手嶋遥「まだ見ぬ、小さな山について」府中市美術館
公開制作89 手嶋遥「まだ見ぬ、小さな山について」府中市美術館

日本画家・手嶋遥の制作は、自然を歩き回って目線を変えながら、何枚もの小さな風景スケッチを描くことに始まります。そしてできあがるのは、こまかに震える水面や揺らめく植物の影などが何層にも重なった画面です。その画面は、刻々と移りゆく長い時間の集約と、彼女がそこにいたであろう静かな気配を伝えます。そこで私たちは、自然の風景がほんの一瞬目を逸らしているうちに消えてしまうほど儚いものであることや、一か所にとどまっていることでしか見ることのできない姿があることを思い出すのです。
今回の公開制作にあたり手嶋遥は、府中市美術館ちかくにある浅間山を絵にします。住宅街に現れる小さな山で過ごす時間を、木々の間に浮かび上がる空間や枝先の繊細な造形として描きとめます。作品には、初夏の山と向き合った時間が日を追うごとに満ちていくことでしょう。山の中にひとりになって初めてみることのできる風景を、画家の視点でどうぞいっしょに辿ってみてください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 皇居三の丸尚蔵館展「皇室の至宝 北海道ゆかりの名品」北海道立近代美術館
  2. 「花鳥風月―水の情景・月の風景」皇居三の丸尚蔵館
  3. 特別展「日本の巨大ロボット群像」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る