特別展「ユーモア-おかしみの表現に潜むもの-」徳島県立近代美術館

特別展「ユーモア-おかしみの表現に潜むもの-」徳島県立近代美術館

名称:特別展「ユーモア-おかしみの表現に潜むもの-」徳島県立近代美術館
会期:2024年4月27日(土)~2024年6月30日(日)
会場:徳島県立近代美術館
時間:9:30~17:00 (最終入場時間 16:55)
休館日:月曜日 
   月曜日が祝日・振替休日に当たるときはその翌日
観覧料:一般 600円(480円)
   高・大学生 450円(360円)
   小・中学生 300円(240円)
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示いただいた方とその介助をされる方1名は観覧料が無料になります
   ※65歳以上の方で年齢を証明できるものをご提示いただいた方は観覧料が半額になります
   ※小・中・高生は土・日・祝日・振替休日の観覧料が無料になります
   ※未就学児は無料です。
   ※徳島県立近代美術館の観覧券で所蔵作品展もご覧いただけます
住所:〒770-8070徳島県徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園内
TEL:088-668-1088
URL:徳島県立近代美術館

元永定正〈あいんしゅたいん〉1986年
元永定正〈あいんしゅたいん〉1986年

「ユーモア」とは、「上品な洒落やおかしみ」「諧謔(かいぎゃく)」のこと。
本展では、そうしたユーモアあふれる作品に隠された、私たちを「どきっ」とさせる部分に触れようとします。
これらの作品は、「当たり前」に揺さぶりをかけ、想像の枠を押し広げてくれるはずです。

菊畑茂久馬〈林檎と三角錐〉1970年頃-80年頃
菊畑茂久馬〈林檎と三角錐〉1970年頃-80年頃
山下菊二〈父はは〉1972年
山下菊二〈父はは〉1972年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る