企画展「歌と物語の絵 ― 雅やかなやまと絵の世界」泉屋博古館東京

企画展「歌と物語の絵 ― 雅やかなやまと絵の世界」泉屋博古館東京

名称:企画展「歌と物語の絵 ― 雅やかなやまと絵の世界」泉屋博古館東京
会期:2024年6月1日(土)~2024年7月21日(日)
会場:泉屋博古館東京
時間:11:00~18:00 (最終入場時間 17:30)
   ※金曜日は19:00まで開館
   (最終入館時間 18:30)
休館日:月曜日 
   ※祝日の場合は開館、翌平日休館
観覧料:一般 1,000円(800円)
   高大生 600円(500円)
   中学生以下 無料
   ※20名様以上の団体は( )内の割引料金
   ※障がい者手帳呈示の方は本人および同伴者1名まで無料
住所:東京都港区六本木1-5-1
TEL:03-5400-6900
URL:泉屋博古館東京

企画展「歌と物語の絵 ― 雅やかなやまと絵の世界」泉屋博古館東京
企画展「歌と物語の絵 ― 雅やかなやまと絵の世界」泉屋博古館東京

古来、語り読み継がれてきた物語は、古くから絵巻物など絵画と深い関係にありました。和歌もまた、三十一文字の世界が絵画化されたり、絵から受けた感興から歌が詠まれたりと、絵画との相互の刺激から表現が高められてきました。
物語絵や歌絵の特徴のひとつは、精細な描写と典雅な色彩。宮廷や社寺の一級の絵師が貴人の美意識に寄り添い追求した「やまと絵」の様式を継承することでしょう。また、ストーリーに流れる時間を表すかのような巻物、特別な場面を抽出してドラマティックに描き出す屏風など、長大な画面にさまざまな表現が生まれました。
古典文学は、後世の人々が自身に引き寄せて味わうことで、読み継がれ輝き続けてきました。それに基づく絵画もまた同様です。本展では、近世の人々の気分を映し出す物語絵、歌絵を、館蔵の住友コレクションから選りすぐって紹介します。雅やかで華麗、時にちょっとユーモラスな世界をお楽しみください。

《源氏物語図屏風》(右隻)江戸・17世紀 泉屋博古館
《源氏物語図屏風》(右隻)江戸・17世紀 泉屋博古館
《伊勢物語図屏風》(左隻)宗達派 桃山~江戸・17世紀 泉屋博古館
《伊勢物語図屏風》(左隻)宗達派 桃山~江戸・17世紀 泉屋博古館
《伊勢物語図屏風》(右隻)宗達派 桃山~江戸・17世紀 泉屋博古館
《伊勢物語図屏風》(右隻)宗達派 桃山~江戸・17世紀 泉屋博古館
《平家物語・大原御幸図屏風》桃山・16世紀 泉屋博古館
《平家物語・大原御幸図屏風》桃山・16世紀 泉屋博古館
重文《是害房絵巻》南北朝・14世紀 泉屋博古館
重文《是害房絵巻》南北朝・14世紀 泉屋博古館
《竹取物語絵巻》(部分)江戸時代・17世紀 泉屋博古館
《竹取物語絵巻》(部分)江戸時代・17世紀 泉屋博古館
《三十六歌仙書画帖》(書)伊勢 松花堂昭乗 江戸・元和2年(1616)泉屋博古館
《三十六歌仙書画帖》(書)伊勢 松花堂昭乗 江戸・元和2年(1616)泉屋博古館
《三十六歌仙書画帖》(書)柿本人麻呂 松花堂昭乗 江戸・元和2年(1616)泉屋博古館
《三十六歌仙書画帖》(書)柿本人麻呂 松花堂昭乗 江戸・元和2年(1616)泉屋博古館
《三十六歌仙書画帖》柿本人麻呂 松花堂昭乗 江戸・元和2年(1616)泉屋博古館
《三十六歌仙書画帖》柿本人麻呂 松花堂昭乗 江戸・元和2年(1616)泉屋博古館
《柳橋柴舟図屏風》(左隻)江戸・17世紀 泉屋博古館
《柳橋柴舟図屏風》(左隻)江戸・17世紀 泉屋博古館
《柳橋柴舟図屏風》(右隻)江戸・17世紀 泉屋博古館
《柳橋柴舟図屏風》(右隻)江戸・17世紀 泉屋博古館
《扇面散・農村図屏風》(右隻)江戸・17世紀 泉屋博古館
《扇面散・農村図屏風》(右隻)江戸・17世紀 泉屋博古館
《乾坤再明》原田西湖 明治36年(1903)泉屋博古館東京
《乾坤再明》原田西湖 明治36年(1903)泉屋博古館東京
《三十六歌仙書画帖》伊勢 松花堂昭乗 江戸・元和2年(1616)泉屋博古館
《三十六歌仙書画帖》伊勢 松花堂昭乗 江戸・元和2年(1616)泉屋博古館
源氏物語図屏風》(左隻)江戸・17世紀 泉屋博古館
源氏物語図屏風》(左隻)江戸・17世紀 泉屋博古館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る