「兵庫陶芸美術館所蔵 赤木清士コレクション 古伊万里のモダン 華麗なるうつわの世界」山口県立萩美術館・浦上記念館

「兵庫陶芸美術館所蔵 赤木清士コレクション 古伊万里のモダン 華麗なるうつわの世界」山口県立萩美術館・浦上記念館

名称:「兵庫陶芸美術館所蔵 赤木清士コレクション 古伊万里のモダン 華麗なるうつわの世界」山口県立萩美術館・浦上記念館
会期:2024年4月27日(土)~2024年6月23日(日)
会場:山口県立萩美術館・浦上記念館
時間:9:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 
   ※ただし4月29日、5月6日、6月3日は開館
観覧料:一般 1,200円(1,000円)
   学生 1,000円(800円)
   70歳以上の方 900円(700円)
   開催中のコレクション展も観覧できます
   ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
   ※18歳以下の方および高等学校、中等教育学校、特別支援学校の生徒は無料
   ※障害者手帳等の提示者とその介護者1名は無料
住所:〒758-0074山口県萩市平安古町586-1
TEL:0838-24-2400
URL:山口県立萩美術館・浦上記念館

「兵庫陶芸美術館所蔵 赤木清士コレクション 古伊万里のモダン 華麗なるうつわの世界」山口県立萩美術館・浦上記念館
「兵庫陶芸美術館所蔵 赤木清士コレクション 古伊万里のモダン 華麗なるうつわの世界」山口県立萩美術館・浦上記念館
色絵電線図大皿 佐賀 有田(瀬戸口富右衛門) 明治時代(19世紀後半~20世紀初頭)
兵庫陶芸美術館所蔵(赤木清士コレクション)
色絵電線図大皿 佐賀 有田(瀬戸口富右衛門) 明治時代(19世紀後半~20世紀初頭) 兵庫陶芸美術館所蔵(赤木清士コレクション)

日本最初の磁器である伊万里焼は、17世紀初頭に肥前有田(佐賀県有田町)で生産が始まります(江戸時代に生産された伊万里焼は〈古伊万里〉と呼ばれます)。半世紀後には欧州などに輸出され大変な人気を博し、17世紀末には国内外に〈古伊万里〉のブランドを決定づけた豪華絢爛な古伊万里金襴手様式が現れました。
18世紀半ばになると海外輸出も終焉をむかえ国内市場に目を向けた伊万里焼は、同時代の多様な好みや変化を敏感に捉えながら、時代の流行(モダン)を追い求め、その姿を変えていきます。さらに、明治維新を経て、近代国家へ生まれ変わろうとする動きの中で、磁器についても西欧近代(モダン)の新しい素材や技術が取り入れられました。
本展覧会では、時代の変化を敏感に捉え、モダンに生まれ変わっていく〈古伊万里〉を中心に、明治以降の伊万里焼も含めた約100件の作品でその魅力に迫ります。

色絵花盆文大皿 肥前 有田 江戸時代中期(17世紀末~18世紀中頃)
兵庫陶芸美術館所蔵(赤木清士コレクション)
色絵花盆文大皿 肥前 有田 江戸時代中期(17世紀末~18世紀中頃) 兵庫陶芸美術館所蔵(赤木清士コレクション)
染付牡丹文徳利 肥前 鍋島藩窯 江戸時代後期(19世紀前半~後半)
兵庫陶芸美術館所蔵(赤木清士コレクション)
染付牡丹文徳利 肥前 鍋島藩窯 江戸時代後期(19世紀前半~後半) 兵庫陶芸美術館所蔵(赤木清士コレクション)
色絵花盆文蓋付大壺 肥前 有田 江戸時代中期(18世紀初頭~中頃)
兵庫陶芸美術館所蔵(赤木清士コレクション)
色絵花盆文蓋付大壺 肥前 有田 江戸時代中期(18世紀初頭~中頃) 兵庫陶芸美術館所蔵(赤木清士コレクション)
釉下彩大阪鉄橋図大皿 佐賀 有田 明治時代(19世紀後半~末) 兵庫陶芸美術館所蔵(赤木清士コレクション)
釉下彩大阪鉄橋図大皿 佐賀 有田 明治時代(19世紀後半~末) 兵庫陶芸美術館所蔵(赤木清士コレクション)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る