「 絵本作家 谷口智則展 ~いろがうまれるものがたり~」松坂屋美術館

「 絵本作家 谷口智則展 ~いろがうまれるものがたり~」松坂屋美術館

名称:「 絵本作家 谷口智則展 ~いろがうまれるものがたり~」松坂屋美術館
会期:2024年4月27日(土)〜2024年6月2日(日)
会場:松坂屋美術館
開館時間:10:00 〜 18:00
休館日:会期中無休
入場料:一般 1000円、大学生・高校生 700円、中学生・小学生 400円、未就学児以下 無料
住所:〒460-8430 名古屋市中区栄三丁目16番1号
URL:松坂屋美術館

「 絵本作家 谷口智則展 ~いろがうまれるものがたり~」松坂屋美術館
「 絵本作家 谷口智則展 ~いろがうまれるものがたり~」松坂屋美術館

日本画を学んでいた学生時代に、絵本作家になりたいと独学で絵本作りをはじめた谷口智則(1978年-大阪府生まれ)。
黒い紙に6色のアクリル絵具で色深い独特な世界を描き、2004年『サルくんとお月さま』で絵本作家としてデピューを果たしました。国内のみならず、ヨーロッパやアジアなど海外でも活躍の幅を広げています。数々の絵本に登場するサル、クマ、ゾウをはじめとするたくさんの動物たちや100人のサンタたちは、それぞれ自分の得意とする個性=「いろ」を持って描かれており、みんで助け合い夢に立ち向かう姿や、どんな時でも相手を想いやる優しい気持ちが物語の随所に表現されています。「たとえ言葉が通じなくても、子どもから大人まで世界中の人々に想いと感動が伝わる絵本作りをしたい」と話す谷口。本展は、「100にんのサンタクロース」をはじめとする約20タイトルの絵本の中から絵本原画を中心に、サンタの立体作品など約350点の作品を紹介し、20年に渡る作家活動を網羅的に振り返ります。また、小学生の頃にノートに描いた絵や、10代の頃に制作した自主制作絵本、企業とコラボした作品原画など、貴重な資料も展示します。
谷口智則が生み出す絵本の世界で、あなた自身の「いろ」を探してみませんか。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る