「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」森美術館

「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」森美術館

名称:「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」森美術館
会期:2024年4月24日(水)〜9月1日(日) 
会場:森美術館
観覧料金:一般2,000円(平日)、2,200円(土・日・休日)
休館日:会期中無休
主催:森美術館
協賛:株式会社大林組
   ブルームバーグ・フィランソロピーズ
   あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
   ウッドフォードリザーブ
   株式会社大林組
   ブルームバーグ・フィランソロピーズ
特別協力:WHITE CUBE
協力:ガゴシアン
   GRAY
制作協力:山翠舎
   香老舗 松栄堂
   宇治茶 堀井七茗園
   HOSOO
企画:德山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)
   片岡真実(森美術館館長)
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

シアスター・ゲイツ
《ドリス様式神殿》
2022年
高火度炻器、釉薬
サイズ可変
展示風景:「シアスター・ゲイツ展:ヤング・ローズと彼らの軌跡」ニュー・ミュージアム(ニューヨーク)、2022-2023年
撮影:クリス・ストロング
シアスター・ゲイツ 《ドリス様式神殿》 2022年 高火度炻器、釉薬 サイズ可変 展示風景:「シアスター・ゲイツ展:ヤング・ローズと彼らの軌跡」ニュー・ミュージアム(ニューヨーク)、2022-2023年 撮影:クリス・ストロング

シアスター・ゲイツ(1973~)は、出身の米国シカゴのサウス・サイド地区を拠点とし、彫刻と陶芸作品を中心に、建築、音楽、パフォーマンス、ファッション、デザインなど、メディアやジャンルを横断する活動で国際的に高く評価されている。彫刻と都市計画の教育を受けたゲイツは2004年、愛知県常滑市で陶芸を学ぶために初来日し、以来20年以上にわたり、陶芸をはじめとする日本文化の影響を受けてきた。日本やアジア太平洋地域での印象深い出会いや発見、そして米国ミシシッピとシカゴにルーツを持つアフリカ系アメリカ人として生きてきた経験が、彼の創作の礎となっている。アーティストとして文化的ハイブリディティ(混合性)を探求してきたゲイツは、アメリカの公民権運動(1954-1968年)の一翼を担ったスローガン「ブラック・イズ・ビューティフル」と日本の「民藝運動」の哲学とを融合した、独自の美学を表す「アフロ民藝」という言葉を生み出した。ゲイツの日本初、そしてアジア最大規模の個展となる本展では、この「アフロ民藝」という実験的な試みを軸に、これまでの代表作のみならず、本展のための新作を含む日本文化と関係の深い作品などを紹介する。
これまで多数派の声のみが取り上げられてきたことが問い直され、視点の多様化が求められる昨今、グローバルなアートシーンでは、第一線で活躍する黒人アーティストたちの表現に見られる多層的な経験が注目されている。黒人の歴史は、日本人の一般的な知識としては馴染みが薄いかもしれないが、本展はゲイツの多角的な実践を通し、世界で注目を集め続けるブラック・アートの魅力に迫る。同時に、手仕事への称賛、人種と政治への問い、文化の新たな融合などを謳う現代アートの重要性を実感する機会となるだろう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る