八木夕菜 「Superposition」板室温泉 大黒屋

八木夕菜 「Superposition」板室温泉 大黒屋

名称:八木夕菜 「Superposition」板室温泉 大黒屋
会期:2024年4月25日(木)〜2024年5月27日(月)
会場:板室温泉 大黒屋
開館時間:9:00 〜 17:00
   4月25日、5月17日は13:00開館
休館日:5月14日、15日、16日は休館
入場料:無料
住所:〒325-0111 栃木県那須塩原市板室856
TEL:0287-69-0226
URL:板室温泉 大黒屋

板室温泉大黒屋では2024年4月25日(木)より5月27日(月)まで、美術家の八木夕菜「Superposition」を開催いたします。八木はニューヨーク・パーソンズ美術大学建築学部卒業。カナダ、ニューヨーク、ベルリンを経て現在は京都を拠点に活動しています。建築事務所での勤務を経て、写真家として建築物を撮影することから「見る」という行為を捉え直し、物事の真理を追求し、視覚と現象を用いたインスタレーション、建築などで使われる素材などを用いた平面と立体の間を行き来する作品など、一貫して「見ることの本質」をテーマに時空の概念を重ねる作品を制作しています。アクリルブロックと写真を組み合わせ光の屈折によって見る角度が異なる景色を映し出す作品。写真にアルゴリズムを当てはめ平面の中で画像を歪ませる作品。写真を金属に印刷し折り曲げた作品など、写真の見せ方によって、視覚できるものの認識の仕方を意図的に意識させ、鑑賞者に多角的な視点を生み出しています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る