企画展「もうひとつの源氏物語-偐紫田舎源氏-」那珂川町馬頭広重美術館

企画展「もうひとつの源氏物語-偐紫田舎源氏-」那珂川町馬頭広重美術館

名称:企画展「もうひとつの源氏物語-偐紫田舎源氏-」那珂川町馬頭広重美術館
会期:2024年5月18日(土)〜6月30日(日) 
会場:那珂川町馬頭広重美術館
観覧料金:一般500円
休館日:月曜日
住所:〒324-0613栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
TEL: 0287-92-1199
URL:那珂川町馬頭広重美術館/

「今源氏錦絵合 梅枝 四十三」三代歌川豊国(当館蔵)
「今源氏錦絵合 梅枝 四十三」三代歌川豊国(当館蔵)

平安時代に紫式部が書いた長編小説『源氏物語』は、千年もの時を経た今もなお、人々に読み継がれる不朽の名作である。江戸時代には、柳亭種彦(りゅうていたねひこ)が『源氏物語』を翻案した合巻『偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ)』を執筆し、ベストセラーとなった。この、『偐紫田舎源氏』の挿絵を手掛けたのが三代歌川豊国(国貞)。本展では『偐紫田舎源氏』やその続編をもとに描かれた浮世絵、三代歌川豊国(国貞)による「今源氏錦絵合(いまげんじにしきえあわせ)」を中心に、江戸時代の『もうひとつの源氏物語』を紹介する。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る