「自然へのまなざし―柄山祐希の植物図」アンフォルメル中川村美術館

「自然へのまなざし―柄山祐希の植物図」アンフォルメル中川村美術館

名称:「自然へのまなざし―柄山祐希の植物図」アンフォルメル中川村美術館
会期:2024年5月18日(土)〜2024年6月16日(日)
会場:アンフォルメル中川村美術館
開館時間:10:00 〜 17:00
休館日:火曜日、水曜日
   火曜日・水曜日が祝日の場合は開館
入場料:一般 400円、高校生以下 無料、障害者手帳提示と付き添い1名 200円
住所:〒399-3801 長野県上伊那郡中川村大草2124
TEL:0265-88-2680
URL:アンフォルメル中川村美術館

「自然へのまなざし―柄山祐希の植物図」アンフォルメル中川村美術館
「自然へのまなざし―柄山祐希の植物図」アンフォルメル中川村美術館

70年にわたって地域で野草の研究を続けてきた植物研究者・柄山祐希氏が手がけた植物図200点を展示。
柄山祐希氏は、路傍の野草の数々に目を向け、標本の製作と細部にわたる観察による植物図を手がけてきました。特に、飾り気のないイネ科の植物に目を留め、一つ一つの特徴と魅力を余すところなく紹介。微細な部分を丸ペンや色鉛筆で丹念に描写したそれらの図は高い学術性を持つと同時に、私たちが気づかなかったミクロな世界と植物の生き生きとした姿を魅力的に伝えています。
長年にわたって学校教育に就き、おだやかな眼差しを周囲の自然へ注ぎながら、地域の人々と親しく接して、植物と自然への思いを広く語ってきました。柄山氏のそうした姿勢に共感するとともに、身近な自然に目を向け、その多様な魅力を感じ取り、自然と人間との新たな共生を考える機会としていただければ幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る