「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~」札幌芸術の森美術館

「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~」札幌芸術の森美術館

名称:「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~」札幌芸術の森美術館
会期:2024年6月29日(土)~2024年8月25日(日)
会場:札幌芸術の森美術館
時間:9:45~17:30
夜間開館:7月27日(土)、8月9日(金)は19:00まで開館
   入館は閉館30分前まで
観覧料:一般 1,500円(1,300円)
   高校・大学生 1,100円(900円)
   小・中学生 700円(500円)
   ※( )内は前売りまたは20名以上の団体料金
   ※小学生未満無料
   ※65歳以上の方は当日料金が1,300(団体1,100)円になります。年齢の分かるものを要提示
   ※障がい者手帳をお持ちの方は、当日窓口に提示で、本人と付き添いの方1名が無料になります
住所:〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75
TEL:011-591-0090・FAX:011-590-0102
URL:札幌芸術の森美術館

代表作『ゲゲゲの鬼太郎』をはじめ多くの妖怪作品を生み出し、現代の日本人に妖怪文化を定着させた漫画家・水木しげる(1922-2015)。生誕100周年を機に企画された本展は、これまで開催されてきた数ある水木しげる展の中でも初めて、妖怪画が作られる具体的手法に注目した展覧会です。
本展では、鳥山石燕『画図百鬼夜行』、柳田國男『妖怪談義』など水木が所蔵し、参考にしていた妖怪関係資料を初公開するほか、百鬼夜行の名にふさわしく、水木しげるの妖怪画100点以上を一挙公開。
本展を通して妖怪を身近に感じ、今なお多くの人を魅了し続ける水木の世界観をご堪能ください。

《アマビエ》 ©水木プロダクション
《アマビエ》 ©水木プロダクション
《あかなめ》 ©水木プロダクション
《あかなめ》 ©水木プロダクション
《べとべとさん》 ©水木プロダクション
《べとべとさん》 ©水木プロダクション
《がしゃどくろ》 ©水木プロダクション
《がしゃどくろ》 ©水木プロダクション
《一反木綿》 ©水木プロダクション
《一反木綿》 ©水木プロダクション
鳥山石燕『画図百鬼夜行』1776年 水木しげる蔵
鳥山石燕『画図百鬼夜行』1776年 水木しげる蔵
柳田國男『妖怪談義』修道社1958年5版(初版1956年) 水木しげる蔵
柳田國男『妖怪談義』修道社1958年5版(初版1956年) 水木しげる蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る