「ぼく脳展」PARCO MUSEUM TOKYO

「ぼく脳展」PARCO MUSEUM TOKYO

名称:「ぼく脳展」PARCO MUSEUM TOKYO
会期:2024年6月28日(金)~7月15日(月・祝)
会場:PARCO MUSEUM TOKYO・渋谷PARCO 4F
開館時間:11:00-21:00
   ※入場は閉場の30分前まで
   ※最終日18時閉場 
   ※営業日時は変更となる場合がございます、渋谷PARCOの営業日時をご確認ください。
入場料:無料(一部展示エリアは有料となります。)
主催:PARCO
企画:金三昧
住所:〒 150-8837  東京都渋谷区宇田川町15-1  渋谷パルコ4F
TEL: 03-6455-2697
URL:PARCO MUSEUM TOKYO

『金三昧・KANE-ZANMAI』とのタイアップで、独創的なアートセンスでSNS上でカルト的な人気を誇る「ぼく脳」初の大規模個展を開催いたします。
芸人/パフォーマー/アーティストと肩書きされるぼく脳はマルチな表現者として知られ、その活動範囲もSNSをはじめ、クラブやライブハウス、テレビ、展覧会、アパレルなど多岐にわたり、捉え所がありません。例えば、お笑いの舞台ではただステージを掃除し続け、バンド「Nature Danger Gang」のライブでは主に食事をし続け、DJでは無音の音楽であるジョン・ケージの「4分33秒」を流したと思えば、かけ忘れていたことに気づくなど、ナンセンスを極めたアイデアで定型化された表現の脱構築を図ってきました。2024年からはテレビの構成作家も務め、その才能をさらに社会へと広げています。
アート自体も「ネタ」として扱い、「ピカソ展」(2017)では、会場に作品を置かず、ピカソの本名「パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・クリスピン・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ」に使われる・の数だけほくろが描き込まれたぼく脳が座っているだけというシュールな展覧会を発表してきました。
型にハマらない大喜利的な活動でジャンルを越境し続けるぼく脳は、ネット内で熱烈な支持を得ているものの、その本質は掴みどころがありません。本展のキュレーターを務めるアーティスト・コレクティブChim↑Pom from Smappa!Groupは、今回、自身のプロジェクト『金三昧』を展覧会や書籍、ショップのプラットフォームとすることで、インフルエンサーのように現象化しているぼく脳の全貌に迫りたいと考えています。
本展では、大型の新作インスタレーション・パフォーマンスに加え、これまでに1000点を超える膨大な量の作品を発表してきたぼく脳の過去作も織り交ぜて展示します。さらに、ぼく脳初となる作品集『ぼく、ぼく脳』を発売し、約1000ページにわたるボリュームで作家のアーカイブを図ります。また、展示物は作品やグッズに加え、逆に作品ともグッズとも言えないものなどから構成され、『金三昧』らしく商品と作品の境界を探る形で展示。様々な「品」として販売される予定です。
皆さまには、この機会にぜひ本展をご高覧いただけましたら幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 皇居三の丸尚蔵館展「皇室の至宝 北海道ゆかりの名品」北海道立近代美術館
  2. 「花鳥風月―水の情景・月の風景」皇居三の丸尚蔵館
  3. 特別展「日本の巨大ロボット群像」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る