「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」大分市美術館

「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」大分市美術館

名称:「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」大分市美術館
会期: 令和3年1月8日(金曜日)から2月21日(日曜日)まで
開館時間:午前10時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
休館日:令和3年1月12日(火曜日)、18日(月曜日)、25日(月曜日)、2月8日(月曜日)、15日(月曜日)
観覧料:一般1,200円(1000円)、高大生900円(700円)中学生以下は無料
  ※()は前売り、20名以上の団体料金
  ※ 中学生以下無料(学生証等をご提示下さい。)
  ※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者1名は無料。
  ※ 本展観覧料でコレクション展(常設展)も併せてご覧になれます。
  ※ 本展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用になれます。
会場:大分市美術館 企画展示室 1、2
主催:大分市美術館、TOSテレビ大分、リサ・ラーソン展実行委員会
後援:スウェーデン大使館、大分合同新聞社、エフエム大分、月刊・シティ情報おおいた
特別協賛:三和酒類株式会社
協賛:家具の丸高
特別協力:リアン・デザイン・ミュージアム
協力:フィンエアー、フィンエアーカーゴ
企画:アートインプレッション、松屋
企画協力:トンカチ
〒870-0835大分県大分市大字上野865
TEL:097-554-5800
URL:大分市美術館
リサ・ラーソンは、スウェーデンを代表する陶芸作家です。
北欧の豊かな自然の中で創作されたリサ・ラーソンの作品は、素朴で温かみがあり、日本でも多くのファンを魅了しています。
本展ではリサ・ラーソンが創作において影響を受けた諸文化や作家たちとの出会いと、そこで培われた彼女の想像豊かな作品をご紹介します。
初期から近年に至る作品約200点、北欧を代表するデザイナー スティグ・リンドベリをはじめとする彼女に影響を与えた作家たちの作品約20点を展示します。
彼女の創作の旅路をたどり、やさしさあふれる作品の魅力をどうぞお楽しみください。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る