考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

人面魚紋彩陶盆 2007.03.22更新

人面魚紋彩陶盆

【和:じんめんぎょもんさいとうぼん
【中:Ren mian yu wen cai tau pen
新石器時代>人面魚紋彩陶盆
  1955年陝西省西安市半坡遺跡出土、高さ16.5センチ、直径39.5センチ
中国国家博物館所蔵
人面魚紋彩陶盆は仰韶文化(約7000年前)の陶器である。
約七千年前の仰韶文化は、中国新石器文化の発展の主流であり、中国の母系氏族制度が、繁栄し衰えていく時代の社会構造や文化的成果を映し出している。
 中でも、彩陶(中国の先史時代に使われた彩色の文様のある土器)芸術は、非の打ちどころのない境地に達した。今回紹介した「人面魚紋彩陶盆」は、その代表作である。
彩陶盆は、陶器の表面に、まず、赤、黒、褐色、白などの色で絵を描き、その後で焼き上げるため、絵が消えることはない。きめの細かな土で作られた陶器で、広口で縁の部分は外に巻き込んでいるような形をしている。また内側には、二組の対称になった人面と魚の文様が描かれている。
人面は円形にデフォルメされていて、額の図案は、当時の入れ墨の習わしだと思われる。目は細く切れ長で、鼻は高く、落ち着いた表情をしている。口元には、二つの歪み絵の技法を使った魚の文様があり、魚の頭と人の唇の輪郭は重なっている。
さらに、両耳のところにも対称に二匹の小魚が描かれ、人面と魚が合体した独特な構成になり、豊かな想像力によって表現されている。頭の上のとがった角のような形はおそらく髷で、魚のひれの形をイメージしたデザインだと思われる。堂々として美しい。
古代の半坡人は、多くの彩陶盆に魚と漁網の文様を描いている。これは、当時のトーテム崇拝と経済生活に関連しているに違いない。半坡人は、渓谷の小高くなった場所に居住し、農業生産を中心とした定住生活を送っていたが、同時に採集や狩猟・漁労も行っていたため、このような魚の文様は、生活の描写と言える。
人の頭の上の特殊な形は、ある種の宗教活動のいでたちだと思われ、少し歪み絵の技法を使ったように見える魚の文様は、人格化した独立の神――「魚神」を代表すると考えられる。これこそが、人々が魚をトーテムとして崇拝していたことを表している。
この他にも、春秋戦国時代の『詩経』『周易』に、魚には隠喩として、「男女の交わり」の意味があると書かれている。ここから推測すると、「人面魚紋」は、子孫繁栄を望む意味があると考えられる。出所:「人民中国」魯忠民

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.