考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

虞世南  2008年10月10日(金)更新

虞世南
【和:ぐせいなん
【中:Yu Shinan
隋・唐・五代|歴史人物>虞世南


(558-638)
  初唐の名臣、書家。越州余姚県(浙江省余姚県)の人。字は伯施。初め陳、隋に仕えたが、唐に帰順し、秘書監・弘文館学士などを歴任。その学識・人格を太宗に愛された。楷書にすぐれ、王羲之の七代の孫王知永の直伝といわれ、外柔内剛の書体で、褚遂良欧陽詢・薛稷とともに初唐の四大家の一人といわれる。著に『北堂書鈔』。出所:中国

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.